モース硬度について徹底解説|宝石別一覧も紹介

モース硬度とは?

©iStock.com/wacomka

宝石の硬度を測る基準として「モース硬度」があります。この基準はドイツの鉱物学者フリードリッヒ・モースが考案したことから、モース硬度という名前がつけられました。

さてモース硬度は宝石の硬度を計る基準ですが「2つの異なる鉱石AとBをこすり合わせて、どちらに傷がつくのかを確認する。もしもAに傷がつきBが無傷だとすると、Bの硬度がAよりも高いことになる」。こうしてできあがったものがモース硬度スケールです。

モース硬度スケールは1~10の数字で硬度を表しており、一番硬度が高いものが10そして一番軟らかいものが1となります。数字で表されているので宝石の硬度がどのくらいなのかとても分かりやすく、現在でも広く利用されています。

宝石のモース硬度一覧

©iStock.com/J-Palys

モース硬度を知るうえで、とても便利なモース硬度のチャートがあります。これは1~10までの硬度順に代表的な宝石を一覧表にまとめたもの。一覧になっていることで硬度が分かりやすく、また他の石と比較することもできるのでとても便利です。ここではモース硬度10から順に、代表的な石と同じ硬度の宝石にはどのような石があるのかも一緒に紹介していきます。

【モース硬度10】 ダイヤモンド

ダイヤモンドが宝石の中で一番硬度が高いことは多くの人がご存知でしょう。モース硬度のチャートでも最高硬度を示す10はダイヤモンドです。10はダイヤモンド以外にはなく、ダイヤモンドはダイヤモンドでしか削ることができません。

ただしモース硬度が高いからといって、ダイヤモンドに何をしても割れないということはないので注意してください。ダイヤモンドは「へき開」という性質があり傷には強いものの、ある一定方向から力を加えると割れてしまうのです。

【モース硬度9】 コランダム

ダイヤモンドの次に硬度が高いのはコランダム(硬玉)です。コランダムといっても多くの人はピンと来ないかもしれませんが、それはコランダムの色によって異なる宝石名が付けられているからでしょう。

代表的なコランダムにはルビーやサファイアがあります。ルビーとサファイアというと全く違う宝石のようですが、この2つは同じ鉱物でありコランダムです。

【モース硬度8】トパーズ

トパーズはモース硬度8です。またスピネルも同じくモース硬度8です。モース硬度8はルビーやサファイヤよりも傷がつきやすいのですが、硬度が8を超える鉱石は大変少なく宝石の中では硬い方に分類されます。

しかしトパーズは靭性という衝撃に対する強度が弱いため、擦り傷はできにくいものの割れやすいという性質があります。

【モース硬度7】クォーツ(水晶)

クォーツ(水晶)のモース硬度は7です。クォーツも色によって宝石名が違います。例えばアメジスト、シトリン、、ローズクォーツ、ルチルクォーツ、スモーキークォーツ、タイガーズアイがありますが、これらは全てクォーツです。つまり取扱い方も全て共通しています。

モース硬度7というと、やすりで削ると少し傷が入る程度でやはり宝石の中では硬い方に分類されます。またクォーツ以外に、トルマリンや翡翠も同じモース硬度7になります。

【モース硬度6】正長石

モース硬度6はカッターで傷がつくくらいの硬度を指します。モース硬度6の正長石は英語名をオーソクレースといい、正長石の中にはムーンストーンが含まれます。ただしムーンストーンは正長石の変種ですから、厳密に言うと長石の仲間に含まれます。

また正長石以外ではラピスラズリやトルコ石、ターコイズやオパールもモース硬度6になります。

【モース硬度5】 アパタイト

モース硬度5には燐灰石(アパタイト)や黒曜石(オブシディアン)があります。これらの宝石はあまり聞き覚えがないかもしれませんが、アパタイトはグリーン・ブルー系の石が多く黒曜石は名前の通り黒や灰色系が多い宝石です。

黒曜石は天然ガラスともいわれ、溶岩が急激に冷やされることで生まれます。その他ヘミモルファイト、モルダヴァイト、スミソナイトもモース硬度5になります。

【モース硬度4】 蛍石

蛍石は英名でフローライトと言います。蛍石(フローライト)は、蛍の名前の通り暗いところで光る性質がある面白い石です。他にも硬度4にはマラカイトがあります。

硬度4もある程度は硬いのですが、傷は簡単についてしまいます。またフローライトに関しては硬度4である上にダイヤモンドと同じへき開という性質を持っているため、割れやすいので注意が必要です。

【モース硬度3】方解石

方解石には、石灰岩や大理石や鍾乳石などがあります。ある程度硬くとても加工しやすく、さらにへき開であるためカットしやすいため昔からインテリアによく使われています。ただアクセサリーとしては割れやすい性質のため、あまり向きません。

ただしジュエリーではなくパワーストーンとしてカルサイトという名前で市販されています。身に着けるのであれば、割れや傷など取扱に注意しましょう。

【モース硬度2】石膏

モース硬度2になると、かなり硬度が下がります。ギブスに使われる石膏やセレナイトがモース硬度2です。

その他にもアンバー、セラフィナイトがモース硬度2~2.5、金・銀がモース硬度2.5・2.7です。

【モース硬度1】タルク

モース硬度の中でもっとも傷がつきやすい硬度の低い石はタルクです。白や灰色のものが多く、コンクリートに擦ると白く書けるので小さな子供が遊びに使う石はタルクであることが多いですね。

タルクは宝石というよりも、軟らかく加工しやすい性質から工業利用されることが多い石です。また日本名ではタルクのことを滑石と呼びます。

▼ジュエリーの情報はこちらもチェック▼

トルマリンを徹底解説|透明感のある美しい宝石の魅力

ペリドットを徹底解説|太陽の力を秘めた美しい宝石の魅力

トパーズを徹底解説|透明感のある美しい宝石の魅力

宝石を選ぶ際はモース硬度も重要

photo by Pixabay

このようにモース硬度をチャートにして覚えておくと、持っている宝石の取り扱いにとても有効です。

宝石を選ぶ際には見た目はもちろんですが、モース硬度にも注目して選んでみると良いでしょう。ちなみにモース硬度は10の基準に分けられていますが、もっと細やかに15に分けているものもあります。

特に石の硬さ・軟らかさが加工の目安になるため、15のモース硬度チャートは主に工業用に使われます。

(15のモース硬度)
1滑石 2石膏 3方解石 4蛍石 5アパタイト 6正長石 7溶融石英 8クォーツ
9コランダム 10柘榴石 11 溶融ジルコニア 12溶融アルミナ 13炭化ケイ素
14炭化ホウ素 15ダイヤモンド

まとめ

photo by Pixabay

宝石のモース硬度を知っていれば、自ずと持っているジュエリーの取り扱い方法が分かってきます。長く大切に身に着けていくためにも、所有する宝石のモース硬度はぜひ覚えておきましょう。

 
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:00~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)

ジュエリーをもっと楽しむあなたに

のジュエリーリフォーム

古くなった、趣味にあわない、使いづらい、
サイズが変わったなど、最近出番のないジュエリー。

RITZ GLANDEで
生まれ変わらせます!

無料でご相談はこちらから

リフォーム事例の一部をご紹介!

2021年10月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031