カルティエの「トリニティ」|アイコンジュエリーの持つ意味や歴史

カルティエの「トリニティ」

カルティエのアイコニックデザイン『トリニティ』は、発表以来多くの人から愛され続けています。カルティエというと、このトリニティを思い浮かべる人が多いことでしょう。

特徴的な3連の絡み合うリングは存在感があり、とてもエレガントです。しかしそのデザインの誕生秘話を知る人は少ないのではないでしょうか?お気に入りのブランドのストーリーはとても興味深いものです。トリニティに隠された物語を知ると、きっともっとこのジュエリーを好きになるに違いありません。

カルティエの「トリニティ」の意味・歴史

カルティエの『トリニティ』が日本でブームを巻き起こしたのは、90年代のバブル絶頂期でした。この時期、恋人への贈り物としてトリニティは人気が高く、女性もまたトリニティを男性からプレゼントされることが1つのステータスでもありました。

しかしカルティエの『トリニティ』が生まれたのは、90年代よりもずっと前。1924年のことです。

トリニティの誕生

トリニティの誕生は、フランスの芸術家ジャン・コクトーがカルティエに課した難しい依頼がきっかけでした。

彼の依頼はエドワード7世から『王の宝石商、宝石商の王』と言わしめたカルティエに対するチャレンジでもありました。その依頼は「印章付きのリングと土星の中間をいく指輪」、そしてこの世にはない指輪というものでした。

その依頼を受けて完成したトリニティは、ジャン・コクトーが生涯肌身離さず身に着けていたといわれるほど、理想通りの仕上がりでカルティエの名前をさらに高めたのです。

3種の金属からなるジュエリー

トリニティの特徴は、その絡み合うピンク・イエロー・ホワイトの3色ゴールドのリングです。この3色のゴールドにはそれぞれ意味があり、イエローは『忠誠』、ピンクは『愛』そしてホワイトは『友情』を表しています。

トリニティが持つこの3つのメッセージから結婚を連想する人も多く、トリニティの指輪を結婚指輪にもよく選ばれます。

また元々は3カラーのゴールド三連リングでしたが、現在ではセラミックなど違う素材と組み合わせたモダンなモデルや、パヴェストーンを散りばめたラグジュラスなモデルまで広くラインナップが用意されています。

カルティエを代表するライン

トリニティシリーズは発表以来、ジャン・コクトーを始め数々の著名人に愛されてきたカルティエを代表するジュエリーラインです。

カルティエにはトリニティ以外にもビスが特徴の『LOVE』シリーズがあります。しかしトリニティシリーズが誕生したのは1920年代。対してLOVEシリーズが誕生したのは1970年代です。

人気を2分するシリーズとはいえ、歴史の古いトリニティラインの方がカルティエの顔だと言っても過言ではないでしょう。最初に作られた指輪を始め、ネックレスやピアスなどラインナップも豊富に展開されている人気ラインです。

トリニティのラインナップ

豊富に取り揃えられたトリニティラインには、指輪以外にも様々なジュエリーアイテムが展開されています。女性はもちろん、男性にも人気の高いジュエリーがあるのでぜひチェックしてください。

三連リング

トリニティといえば、やはり一番に思い浮かべるものは指輪でしょう。三連の指輪はとても存在感があり、非常に目をひきます。

スタンダードなトリニティリングはピンクゴールド・イエローゴールド・ホワイトゴールドの3つを使ったデザイン。三連リングが絡まっている様はエレガントで美しく、指を動かすごとにキラキラと様々な方向に光を放つところがまたゴージャスです。

この存在感のある指輪は、重なり合うリングで指に違和感を感じるのではないかと心配する声も聞きますが、はめてみるととても指どおりが良く気持ちの良い付け心地にきっと驚くことでしょう。

また3つのリングが重なりあうトリニティリングの他に、一本の指輪で3色を表現しているものもあります。

参考価格:111,000円~

ネックレス

トリニティの三連リングがペンダントになったタイプのネックレスです。トリニティリングにチェーンを通したようなクラシカルなデザインのものや、レザーコードでクールなタイプなどがあります。

またトリニティリングの3色をチェーンで表現したモチーフなしのネックレスもあります。3色のチェーンがキラキラと光り、シンプルながら人目を惹くデザインです。

参考価格:151,800円~

イヤリング

小ぶりのトリニティリングをあしらったイヤリングは耳元をゴージャスに彩ります。トリニティリングをほどこしたエレガントなタイプがスタンダードですが、一粒ダイヤをトリニティリングで囲んだラグジュアラスなトリニティルバンも人気です。

またセラミックとホワイトゴールドを組み合わせ、3つのリングを縦につなげた揺れるイヤリングは都会的でクールなデザインです。

参考価格:146,300円~

ブレスレット

ブレスレットには主に3つのタイプがあります。トリニティリングを細身のチェーンに通したフェミニンデザイン、トリニティの三連リングをそのままブレスレットにしたラグジュアラスデザイン、そしてトリニティリングにレザーコードを通したアーバンタイプです。

レザーコードのブレスレットは黒と白のスタンダードカラーに加え、ピンク・ブルー・パープルがあり彼と色違いで楽しむのもおすすめです。

参考価格:67,100円~

シャツボタン・カフリンクス

男性へのプレゼントにはトリニティリングのシャツボタンやカフリンクスも喜ばれるアイテムです。

丸みを帯びたトリニティモチーフは、細身のトリニティリングとは違いずっしりとした男らしいエレガンスを放ちます。男性のエチケットとして、1つは持っていたいアイテムでしょう。

参考価格:473,000円~

トリニティ風のジュエリーをオーダーメイドで

憧れの『トリニティリング』ですが、カルティエは安くても7万円弱、高級なものなら軽く100万円は超えるブランドです。手が出せずに諦める方もいらっしゃるでしょう。

RITZ GLANDEでは、質の高いオーダーメイドジュエリーを承っております。全く同じもの…とはいきませんが、憧れのトリニティリング風のジュエリーをオーダーメイドで楽しむ方法があります。

イメージ通りにフルオーダーでき、さらに自分の持っている宝石を使用することもでき、世界にたった一つのジュエリーが作れます。ジュエリーにトリニティの3つの意味をのせ、オリジナルのデザインを考えてみるのも素敵なアイデアです。

▼カルティエジュエリーについてはこちらもチェック▼

カルティエの「ダムール」|結婚指輪に人気のラインを徹底解説

カルティエの「ジュストアンクル」|歴史や商品ラインナップまで徹底解説

カルティエについて|憧れのアイコンデザインや歴史も徹底解説!

憧れのトリニティリング

トリニティリングは『忠誠・友情・愛』というロマンチックなメッセージが込められた素敵なジュエリーです。

デザインを気に入っている方も、意味を知るとなおさら愛しくなるのではないでしょうか?

 
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31