安心の職人品質

Atrisan 安心の職人品質

指輪作り

私たちのお店は、全国的にも珍しく店内に工房を構え、経験豊富なジュエリー職人も常駐しています。
修理のスピーディな納品や、より身近にジュエリーを楽しんでいただきたいという想いから工房は誕生しました。

ご来店の際は普段見れない貴重な職人の制作風景もご覧になれます。

 

指輪制作風景

受け継がれていく伝統技術

日本の宝飾職人(彫金師)のルーツは約1200年前の平安時代まで遡ると言われています。

明治時代、西洋の宝飾品が日本にも広まりつつある中、簪(かんざし)や刀の鍔(つば)を装飾する彫金師たちの多くは、明治9年の廃刀令の後に仕事を失います。これを機に繊細な彫金技術を生かして指輪をはじめとする装身具を作りはじめたと言われています。

先人が積み重ねて来た古来から続く伝統技術は現在の宝飾職人へと脈々と受け継がれていると言えます。

 

指輪ととんかち

様々な作業工程を経てひとつのジュエリーが作り上げられていきます。長年培われてきた経験、確かな技術はまさに匠の技と言えます。
リッツグランデの職人の制作風景を画像や動画で紹介していきたいと思います。

 

職人

職人

職人

職人

制作風景

全体のフォルムはもちろん、目に見えない細部にまでこだわった確かな技術。
ひとつひとつ丁寧に作り上げていくジュエリーの制作風景を紹介します。

 

リッツグランデの職人紹介

TAKEHIRO AKASAKA  - 赤坂 武寛 –

専門学校でジュエリー製作を含め立体造形を学んだのち札幌のジュエリーショップにてオリジナルラインのデザイン、製作、販売を一貫して経験する。

その際オーダメイドの仕事も数多くあり、お客様と直接デザインのやり取りをすることの難しさと楽しさを知った。

その後立体造形のアシスタントとしてジュエリーとは異なる大きなサイズのモノづくりを経験。その際半年間の韓国出張があり異文化の面白さを少し知る。これがその後の国外に出るハードルをぐっと低くすることになった。

それからジュエリー製作のスキルアップの為に宝石店の製作部門を担当。数多くのオーダーを製作し、多彩なデザインに対応するスキルを磨いてきた。

2018年お客様の高い要望に答えたいという思いと本場ヨーロッパのジュエリーと空気感を知るために日本を出ることに。

現在ベルリンのスタジオにてオーダーの製作、ブランド立ち上げ、コンテストの準備等、忙しくそして楽しく生活している。

Exhibition – エキジビション –

【個展】
2018 個展 「Trunk Show」 東京・札幌

【グループエキシビション】
2018 グループ展 仮面展 東京
2018 札幌貴金属工芸組合主催 職人力展
2017 札幌貴金属工芸組合主催 職人力展
2016 JJDA主催 日本のジュエリーアート
「The Essence ─ジュエリーとその原点─」 東京・福岡
2016 札幌貴金属工芸組合主催 職人力展

Competition – コンペティション –

2017 工芸都市高岡クラフトコンペティション 入選
2009 伊丹国際クラフト展 入選
2008 第40回毎日・DAS学生デザイン賞 入選

 

Mai Hasegawa  - 長谷川真衣 –

美専学園北海道芸術デザイン専門学校
環境デザイン学科クラフトデザイン専攻卒業
貴金属装身具製作技能士2級 取得

専門学校でジュエリー制作を専攻で学び、札幌のジュエリーの卸会社に入社。

ジュエリーの販売や仕入れに携わり、一度は制作から離れるも、ジュエリー制作の仕事への憧れを捨てられず、転職し今に至る。

制作とデザインを学んでいたという強みを生かし、修理やリフォームでお客様のご要望に寄り添い、デザインを提案していく。

Exhibition – エキジビション –

2015 貴金属組合主催 職人力展 出展