⼿⾸をオシャレに演出するジュエリー・アクセサリー「バングル」の特徴や魅⼒とは

 「バングル」
というのは腕につける
ジュエリー・アクセサリーの
⼀つです。

ブレスレッドなどの
仲間ということになりますが、
実際のところ
バングルとブレスレッドの違いや
種類について
ご存知の⽅は
あまりいらっしゃらないのでは
ないでしょうか。

そこで今回は
バングルについて、
種類だけでなく選び⽅なども
合わせてご紹介いたします。

バングルとは

バングルとは、
腕に取り付けるタイプの
ジュエリー・アクセサリーのことです。

同じく腕につける
ブレスレッドとの違いがあるのか
という部分が
まず疑問でしょう。

実は
そこには明確な
違いがあります。

バングルとブレスレッドの
最⼤の違いは
「留め具の有無」
です。

留め具によって固定する
ブレスレッドに対し、
バングルは
留め具がありませんので、
腕から取れたり
抜けてしまわないように
形状で⼯夫されています。

バングルは
インドやネパールなどの南アジアにて、
⼥性が⾝につける
伝統的な装飾品です。

使⽤される素材は
いくつかの種類がありますが、
結婚式では
ガラス製のものを⾝につける
というのが決まりとなっており
つけ続けたまま新婚旅⾏へいき、
最終的に
バングルが壊れたタイミングで
旅⾏を終了するというのが
良いとされています。

⽇本では
アルファベットの C の形をした
楕円形のものを
バングルと呼ぶ
傾向にありますが、
アメリカなど地域によっては
あくまでも完全に繋がっている
輪っかの形をした
円形のものを
バングルと呼び、
C 型のものは
ブレスレッドとして扱う
傾向があります。

つまり地域によって
定義の違いがあるというわけです。

おすすめのバングル素材

1.ステンレス

錆びにくく
傷がつきにくいため、
⾝につける中で
⽐較的傷がつく
可能性の⾼いバングルの素材としては
最もおすすめと
⾔えます。

⾮常に硬い⾦属ですので
耐久性にも優れている反⾯、
加⼯には向いていないため
複雑な形状のものが
作りにくいという
⾯があります。

2.シルバー

ある程度の耐久性があり、
加⼯もしやすいため
アクセサリー素材の
定番ともいえる⾦属です。

空気に触れることで
硫化するため
⿊ずんでしまいやすいのですが、
こまめに磨くことで
新品同様になります。

しっかりと
メン テナンスをすることで
⻑く使い続けることが
可能です。

3.プラチナ

熱や酸化に⾮常に強く、
⻑い年⽉使⽤し続けても
すり減りにくいことから、
結婚指輪などに使⽤される
定番の素材です。

希少性の⾼い
素材ですので
ジュエリーとしての価値も
⾼くなります。

ずっしりとした雰囲気から
重厚感と上品さを
兼ね備えた素材ともいえます。

4.真鍮(しんちゅう)

⾦のように光り輝く
鮮やかな⾊合いが
特徴的な⾦属です。

⼿などでは
そう簡単に
曲げることはできませんが、
加⼯に関しては
しやすい素材となるため
アクセサリーの素材として
よく⽤いられています。

また
使い続けることによって
⾊合いや質感が変化するので、
愛着がわきやすくもあります。

しかし、
⽔分に弱いという
性質がありますので、
⽔に触れる可能性のある
バングルの素材としては
不安があります。

バングルの選び⽅

これからバングルを
ファッションとして
取り⼊れたいという⽅は、
バングルの選び⽅を
まずは知ることが⼤切です。

ご⾃⾝の好みや
直感で選ぶというのでも
もちろん問題ありませんが、
選ぶポイントを
抑えることで
よりオシャレに
⾒せることができますので、
是⾮参考に
してみてはいかがでしょうか。

1.形状を選ぶ

バングルの形状としては
「楕円形」と「円形」
の2パターンが
基本となります。

どちらを選ぶのかという
判断基準は
「装着感」
ではないでしょうか。

楕円形の場合には
⼿⾸や腕に
ピッタリとフィットしますので、
すっきりとした
装着感が好みの⽅に
おすすめです。

円形の場合には
腕や⼿⾸とバングルの間に
隙間が⽣まれますので、
ルーズな装着感となります。

2.サイズ感を選ぶ

サイズをしっかりと
選ぶことも⼤切です。

楕円形の場合には
ピッタリとフィットする
形状ですので、
サイズ感は
ジャストサイズが
ベストとなります。

具体的には
⼿⾸のサイズを基準として、
バングルの内径を
約 3cm ⼩さめにすると
いいでしょう。

円形の場合であれば、
ゆったりとした
装着感がメリットですので、
サイズ感もやや⼤きめを
チョイスするのがコツです。

3.素材を選ぶ

先述の通り
バングルには
いくつかの素材がありますが、
バングルを普段使いするのか、
状況などに応じて
使い分けるのかなどによって
選択が変わってきます。

ファッションや
TPO に応じて、
気に⼊った素材を
選ぶことを
おすすめします。

バングルの注意点

バングルを⾝につける際の
注意点ですが、
最も重要となるのが
「落とさないようにする」
ということです。

楕円形のように
しっかりとフィットしていれば
⼤丈夫ですが、
円形のように
ゆったりとした
装着感の場合には、
サイズが合っていないと
ふとした瞬間に
抜け落ちてしまう
恐れがあるのです。

そのため
ゆったりとさせつつ
抜け落ちてしまうことが
ないようなサイズ感を
⾒つけるようにしましょう。

また反対に、
サイズがぴったりすぎて
キツく感じてしまうという
ケースも少なくありません。

鬱⾎などの原因に
なってしまうため、
違和感があった際には
サイズ調整をすることを
おすすめします。

まとめ

バングルについて、
ブレスレッドとの違いや
選ぶ際のポイントなどを
ご紹介いたしました。

リングとは違い、
⼿⾸につけることで、
リングをつけ慣れない⽅や、
⼿を洗うたびに外すのが気になる、
ある程度の⼤きさがあるので
無くしづらいなど、
他の⽅とも差をつけられる
アイテムだと思います。

腕や⼿⾸を飾るアイテムとして
素敵なジ ュエリーですので、
まだ⾝につけたことが
ないということでしたら
是⾮この機会に
チャレンジしてみては
いかがで しょうか。

リッツグランデでは
ジュエリーのオーダーメイドを
承っておりますので、
ご⾃⾝にピッタリ合った
サイズ感のバングルを
製作いたします。

また修理対応も
⾏っておりますので、
お悩みであれば
ご相談ください。

 

 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)