世界5大ジュエラーの魅⼒

 

パリ5⼤ジュエラー『グラン・サンク』に続いて

今回は世界5⼤ジュエラーをご紹介します。

ティファニー、カルティエ、ブルガリ、ヴァン クリーフ&アーペル、

ハリーウィンストン、誰もが⽿にしたことのあるブランドだと思います。

もちろん聞いたことはあるけど、歴史や詳しいことは…

という⽅が多いかもしれません。

世界5⼤ジュエラーと評されるだけあり、その歴史や技術、

作品の素晴らしさは私たちの胸を⾼鳴らせます。

この機会に改めて、⾔わずと知れたジュエラーの魅⼒を⾒つけてください。

『ティファニー』アメリカ

1837年創業 最初はジュエリーではなく

⽂房具を扱うお店としてオープン。

その後、1848年フランスで起きた2⽉⾰命により

貴族からダイヤモンドを買い、ダイヤモンドジュエリーの販売を始める。

創業当初は現在の TIFFANY &Co. という社名ではなく

友⼈と共同経営していたため別の社名であったが

ジュエリーの販売が軌道に乗り

2 1853年に共同経営をやめ、今の社名に変更。

ティファニーのカンパニーカラーであるティファニーブルーも

それまでは1845年から発⾏している

ブルーブックと呼ばれるカタログで使われていたが

この時に正式にティファニーブルーとされる。

ティファニー セッティング

エンゲージリングといえば、⽴て⽖リングですよね。

この⽴て⽖リングを考案したのはティファニーです。

ダイヤモンドの輝きを最⾼に引き出すデザインとして

1886年に発表されました。

『希少価値のあるダイヤモンドは、埋め込んで秘めてしまわず

脚光を浴びるにふさわしい』

ティファニーの最⾼傑作のひとつです。

ティファニーのリングは今でもひとつひとつ⼿作業で創られています。

エンゲージリングの⼀つの製作期間は⼀年の⽉⽇がかかるそうです。

⼿に取りやすい価格の商品もある

ハイジュエラーでありながら、

3万円以下の商品も多数展開しているのもまた

ティファニーの魅⼒でもあります。

ジュエリーはもちろん、⽇⽤品もあるのでギフトとしても最適です。

 選ぶ側も楽しくさせるような素敵な商品がたくさんあります。

『カルティエ』フランス・パリ

1847創業 創業書のルイ=フランソワ・カルティエが

師匠のジュエリー⼯房を引き継いだのがはじまり。

息⼦と三⼈の孫も経営と創作の才能を発揮し、

パリからロンドン、ニューヨークへと⽀店を構える。

プラチナを初めてジュエリーに使ったのはカルティエ

創業者の孫である、ルイ・カルティエが

ガーランドスタイルという様式で創った作品により、

プラチナがダイヤモンドを引き⽴てる。

ということを誰よりも先に世間に知らしめました。

粘り強い性質をもつプラチナの加⼯は当時容易ではなく、

職⼈の⾼い技術が⽋かせませんでした。

が、空気に触れて変⾊していくシルバーと違い

⼤気中、⾼温でも変⾊せず安定性の⾼い素材であるプラチナは

直接肌に触れるジュエリーの素材として優れていました。

プラチナの可能性を⾒出したのがカルティエです。

ほかのジュエラーがプラチナを使⽤するようになるのは

これよりも30年近くあとのことです。

カルティエのコレクション

カルティエのコレクションといえば、ラブブレスレットやラブリング、

時計ではサントスなど代表的ですが

カルティエのアイコン的存在のパンテールをご存知でしょうか︖

パンテール

パンテールとは、フランス語で豹という意味です。

後にカルティエのハイジュエリー部⾨最⾼責任者となる

ジャンヌ・トゥーサンの愛称からつけたとされています。

その誕⽣には、ルイ・カルティエと愛し合っていたが⼆⼈は結ばれずに

ビジネスパートナーとして⼿を取り合っていく。

という話もあります。

結ばれることはなくとも、カルティエで彼⼥の作品は⽣き続ける。

深い愛情を感じられずにはいられません。

『ブルガリ』イタリア・ローマ

1884年創業

ギリシャの銀細⼯師だったソティリオ・ブルガリが

ローマに宝飾店を開業したことがはじまり。

2700年あるローマの歴史からインスピレーションを⾒出しつづけ

『永遠の都』ローマの精神を体現し続けている。

⼤胆な⾊使いとスタイルは、ブルガリの特徴ともいえる。

ブルガリのコレクション

B.ZERO1

誰もが知っているブルガリと⾔えば、

『B.ZERO1(ビー・ゼロワン)』だと思います。

こちらは2000年に誕⽣し、新たな千年(ミレニアム)の幕開けに

世に送り出されました。

ブルガリの「B」、永遠と無限の始まりを意味する「0」、

新たなミレニアムの最初のジュエリーであることを象徴する「1」

を組み合わせています。

ローマを象徴する建造物であるコロッセオから

インスピレーションを得たジュエリーです。

『ヴァン クリーフ&アーペル』フランス・パリ

パリ5⼤ジュエラー、グラン・サンクにも⼊っており、

歴史と⼈気を持ち合わせたジュエラーといえます。

緻密で繊細なジュエリーは気⾼さと、気品を窺わせます。

ヴァン クリーフ&アーペル、グランサンクについてはこちら
『知っておきたい︕パリ5⼤宝飾店 グラン・サンク』を御覧ください。

『ハリーウィンストン』アメリカ・ニューヨーク

1932年創業

⼩さな宝⽯店の息⼦として⽣まれたハリー・ウィンストンが

故郷の地に⾃らの名前を冠して開業。

眠らない街、ニューヨークの持つ溢れるエネルギーからは、

ブランドのアイコン的ジュエリー、

次の世代に受け継がれるモダンなジュエリーまで全てに影響を与えていま す。

ハリーウィンストンのコレクション

ハリーウィンストンのエンゲージリングの中で最も有名なのは

台座が「H」と「W」になっているリングではないでしょうか。

ハリーウィンストンの頭⽂字と husband(夫)と wife(妻)

の頭⽂字をかけています。

⾔われてみると、なるほど︕と思えますよね。

まとめ

以上、世界5⼤ジュエラーの歴史と作品をざっくりと

ご紹介させていただきました。

ここではご紹介しきれないほどの、各ブランドの素晴らしい作品と

ブランドヒストリーはまだまだあります。

気になるブランドがありましたら是⾮、探してみてください。

お客様⾃⾝で各ブランドの新しい解釈と出会いがありますように。

リッツグランデでは、こちらでご紹介したブランドの 修理、

リフォーム、リメイクのご相談も承っております。

購⼊したお店や、他のお店でお断りされた商品でも⼤丈夫です。

お客様の⼤切なジュエリーをずっと使っていただけるよう

ご納得のいく、最良の⽅法での修理をご提案いたします。

お⾒積もり、ご相談は何度でも無料です。

お気軽にお問い合わせください。

 
 
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)