⼥性にとって特別なジュエリー、エンゲージリングとマリッジリング

⼥性にとって指輪(リング)は
⾝を飾るアクセサリーのひとつですが、
中でも婚約指輪(エンゲージリング) や
結婚指輪(マリッジリング)は
特別な意味を持つリングになります。

こういった特別なリングは
いつまでも美しいまま
保管をしておきたいものですが、
それが難しいケースも。

そんな特別なリングについて
まとめてみました。

エンゲージリング

結婚の約束をしたときに、
男性から⼥性に贈られる
エンゲージリング。

正式な婚約や結納は⾏わなくとも、
この婚約指輪だけは⽤意する
というカップルも多いでしょう。

 

⼀般的に、エンゲージリングは
給料の 3 ヶ⽉分などと⾔われており、
ダイヤモンドのリングが
⽤いられることが多いです。

1. なぜダイヤモンド?

ダイヤモンドは天然の鉱⽯の中で、
もっとも⾼い硬度を誇る宝⽯です。

そのため、婚約の際に
「変わらない愛情」
を表すものとして
選ばれています。

 

そもそもエンゲージリングに
ダイヤモンドが⽤いられるようになったのは、
15 世紀頃のヨーロッパが起源となっていて、
ダイヤモンドの語源となったギリシャ語の
「Adamas」という⾔葉の意味が「征服されない」

ここから
「何者にも征服されない不変の愛情」
という意味で、
エンゲージリングに
ダイヤモンドが⽤いられるようになりました。

 

⽇本においてエンゲージリングに
ダイヤモンドが選ばれるようになったのは、
1970 年代からです。

デ・ビアス 社がテレビ CM で、
「ダイヤモンドは永遠の輝き」
というキャッチコピーを流⾏らせたことから
⼀般的に広まったと⾔われています。

 

2. ダイヤモンドは永遠の輝きなの?

では、このダイヤモンドの輝きは
本当に永遠なのでしょうか?

ダイヤモンドのジュエリーを
お持ちの⽅はお気づきかと思いますが、
ある程度の期間が経過すると
ダイヤモンドの輝きが曇ってくるものです。

これはどういうことでしょう︖

 

ダイヤモンドは確かに
最も硬い鉱物ではありますが、
とはいえ⽇常的に
ステンレスや鉄とぶつかり合っていると、
細かな傷はついてしまいます。

こうした細かい傷が増えると、
やはり輝きは失われていきます。

 

また、ダイヤモンドは親油性という
油を吸着しやすい性質を持ちます。

そのため、⽪脂や化粧品の油分が
ダイヤモンドに吸着し、
その油分に細かなゴミやホコリがつき
固まってしまうことで
輝きが失われることがあります。

 

マリッジリング

⽇本ではマリッジリングで通っていますが、
これは和製英語です。

英語圏では「ウエディングリング」
という⾔い⽅が⼀般的です。

こちらはエンゲージリングとは違い、
男⼥ペアで購⼊し、
お互いが⽇常⽣活からつけるリングになります。

1. エンゲージリングとの違い

まず男⼥ペアで購⼊することが基本となるため、
デザインはシンプルになる傾向があります。

また、⽇常⽣活でも使⽤するリングになりますので、
⼤きな宝⽯がついているようなデザインは少なく、
宝⽯がついているといっても
リングに埋め込まれているようなデザインが
中⼼になります。

 

 2. マリッジリングの問題点

マリッジリングは
毎⽇使うリングのため、
傷がつきやすいのが
最⼤の問題になります。

プラチナやホワイトゴー ルド、
シルバーなどの素材ならもちろん、
硬いと⾔われている
チタン合⾦のリングでも、
毎⽇使っていれば
ある程度傷はつきます。

 

他にも
体形の変化により
サイズが合わなくなってしまったり、
どこかでリングを失くしてしまったり、
エンゲージリング以上に
問題が起きやすいリングといえるでしょう。

 

 リングの⼿⼊れ法

エンゲージリングの
ダイヤモンドの輝きが失われた場合、
⾃宅でもある程度対応できる
お⼿⼊れ法があります。

これはマリッジリングに
汚れが溜まった時にもできる
お⼿⼊れ法ですので、
覚えておきましょう。

 

まず、コップ⼀杯のお湯に
数滴の中性洗剤を⼊れて、
そこに数分リングを浸けます。

その後リングを流⽔で
洗い流しましょう。

これでダイヤモンドの表⾯に
油と共に付着した汚れや、
リングの隙間や刻印に溜まった
汚れなどはかなりの
確率で落ちるでしょう。

 

ちなみにお湯に浸けても
問題ない宝⽯は
ダイヤモンド、
ルビー、
サファイヤなど。

⾃分の持っている宝⽯が
お湯に⼊れても
洗剤に浸けても
問題ないかは
専⾨店に確認しましょう。

 

 まとめ

お持ちの⼤切なリングに
傷がついてしまった、
サイズが合わなくなってしまった、
輝きが失われたなど、
お⼿⼊れが必要になった時、
⾃分の⼒で解決できなくなった場合は
プロにお願いするのが⼀番です。

 

リッツグランデでは
アクセサリーのお⼿⼊れや
リペア、
リフォームを承っています。

⾮常に硬度の⾼いダイヤモンドでも
専⾨の器具と職⼈の腕で
しっかり磨き上げます。

リングのサイズ変更は
通常1 号刻みでの調整が
中⼼になりますが、
当店では 0.5 号刻み、
さらに 0.25 号刻みの
細かな調整も可能です。

 

また、当店は店内に
リングをはじめジュエリーの制作、
リペアを⾏う⼯房⼀体型の
店舗となっていますので、
迅速な対応も可能です。

気になるリングをお持ちの⽅は、
ぜひ⼀度ご相談ください。

 

 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)