【ジュエリーリフォーム・リメイク】ピアスからイヤリング、イヤリングからピアス、ノンホールピアスへの修理もご紹介

お持ちのピアス、イヤリングをピアスからイヤリング、またはイヤリングからピアスにリフォーム・リメイクしたいと検討されている方、一言に、『ピアスに変えたい』『イヤリングに変えたい』『ノンホールピアスに変えたい』と言っても留め具の種類はたくさんあります。

どの留め具を選ぶかによって、ジュエリーの雰囲気や表情も変わってきます。

こちらでは、ピアスとイヤリング・ノンホールピアスの留め具の種類やリフォームの例をご紹介していきます。

ピアス・イヤリング・ノンホールピアスとは

一般的に

ピアスとは
耳たぶに穴をあけて金具を通して装着するジュエリー

イヤリングとは
耳たぶに金具を前後からはさんで装着するジュエリー

と認識されていると思いますが正式には耳につけるジュエリーは全て、イヤリングといいます。

実は留め具の違いだけなんです。

いつの頃からか、呼び方が分けられるようになりましたが耳につけるジュエリーは全てイヤリングというのが正式。と覚えておいてください。

ノンホールピアスとは

最近、人気が出ているノンホールピアスはピアスの穴を開けなくてもピアスをしているように見える。

というのが最大の特徴です。従来のイヤリングの金具よりも目立たなく、落ちづらいと言われています。

また、ピアスをしている方でもノンホールピアスであればピアス穴にプラスして簡単にアクセサリーが増やせるというのもメリットです。

金属アレルギーの方にもノンホールピアスはおすすめのキャッチです。

ピアスからイヤリング(ノンホールピアス)、イヤリング(ノンホールピアス)からピアスへのリフォーム・リメイクはこんな方におすすめです

・気に入ったデザインだがピアス(イヤリング・ノンホールピアス)しかなかったのでイヤリング・ノンホールピアス(ピアス)にしたい。
・ピアスホールが塞がり、今後あける予定はないのでピアスからイヤリング(ノンホールピアス)に
・今までイヤリングだったがピアスホールをあけたのでイヤリング(ノンホール)からピアスに
・体質が変わり、金属アレルギーになってしまったのでピアスからイヤリング(ノンホールピアス)
・母からもらった真珠のイヤリングをピアスにしたい

など、今後も使っていきたい思い入れのあるものでありながら今のままでは使えないものをリフォーム・リメイクするのをおすすめします。

ピアスの留め具

ピアスの留め具の代表的なものは4つです。

スタッドピアス(キャッチ式)

ピアスで最もオーソドックスなタイプ。

ポスト(耳の穴に通す棒)とキャッチ(留め具)に分かれていて、ファーストピアスなどにも使用され初心者向けでもあります。

【札幌】ピアスの針が取れてしまった場合修理はできる?


フックピアス(ジプシーピアス)

名前の通り、フック型の金具部分をピアスホールに通すピアスです。

キャッチなどの留め具が不要なので着けるのも外すのも楽チンです。落としてしまうのが不安な場合にはキャッチを付けることもあります。

チェーンピアス(アメリカンピアス)

チェーンの先にポストが付いていて、ピアスホールに通して好きな⻑さで調整することが可能です。

アメリカのインディアンが着けていた。ということからアメリカンピアスの名が付いています。

フープピアス(リング式)

輪(フープ)の形をしているピアスです。

大きいフープ型はシンプルなデザインでも耳もとを華やかにするのでインパクトもありますが、小顔に見せる効果もあります。

イヤリングの留め具

スクリュー・タイプ(ネジ式)

耳たぶの裏からねじを回して押さえるイヤリングです。

クリップ・タイプやミックス・タイプに比べるとホールド力が弱いので軽めのイヤリングに使われます。

クリップ・タイプ

耳たぶをクリップではさんで留めるイヤリングです。ホールド力があるので大振りのイヤリングによく使われます。

⻑時間着けていると痛みを感じる人もいますが、今ではオールシリコンのクリップ・タイプも登場しているのでいままでクリップ・タイプが痛くて着けるのが遠ざかっていた方におすすめです。

ミックス・タイプ(バネ式スクリュー)

スクリュー・タイプとクリップ・タイプのいいとこ取りをしたのがこちらです。

クリップで全体を押さえ、ネジで調整することでより重量のあるデザインにも対応することができます。

フープ/パイプ イヤリング

一般にはフープタイプとパイプタイプのイヤリングが同じ認識ですが、本来フープとは輪になってる一部分だけが切れていて、そこに耳たぶをはさむものをフープイヤリングと呼びます。

パイプタイプとは、スライド式の留め具が付いていてスライドさせて開いた隙間に耳たぶをはさみます。これがパイプイヤリングです。

デザインとしてはどちらも輪状(フープ)のものがほとんどなので、お店によってはどちらもフープと呼ぶ場合もあります。

マグネット式

ほかの留め具よりも目立ちにくく、ピアスのようにみえますが耳たぶの厚さによってはくっつきが悪かったりするため落ちやすい可能性があります。

ノンホールピアス

ここ最近で一番注目度が高いのはこのノンホールピアスではないでしょうか。

目立つ金具もなく、落ちにくい、痛みもほとんどない。ピアスをしているかのように見えて、イヤリングの金具に抵抗のある方にもこちらは支持が高いといえます。

ポストの太さを変えたい

ご⾃⾝のピアスホールに対して、 ピアスのポストが太いため⼊らない。。

このような場合には、ピアスのポストを交換するのがおすすめです。 太いものから細いポストへリフォームすることはできます。

リッツグランデでできること

当店では、ピアスからイヤリング、 イヤリングからピアスへのリフォーム、リメイクはもちろんのこと、

人気のノンホールピアスへのリフォームのご依頼も承っております。

いまお使いのピアスのキャッチを変えたい (ピアスからピアス→フックからチェーンなど)イヤリングの留め具を変えたい (イヤリングからイヤリング→スクリューからミックスなど)というご相談も承っております。

価格はパーツや素材により異なりますが、3,000 円+tax〜です。

お⾒積もり、ご相談は何度でも無料ですので お客様と⼀緒に、⼤切にされているジュエリーをご納得いく⽅法・かたちでリフォーム、リメイクの ご提案をさせていただきたいと思っております。

⼥性職⼈が常駐している⼯房⼀体型の店舗になっておりますので 他の店舗様ではできないサービス、ご提案もできると⾃負しております。

どうぞ、⼀度ご来店くださいませ。

公式LINEアカウントからも簡単にお問い合わせができます^^

全国対応。直接店舗へご来店できないお客様のご依頼も承っております。

新しい姿に生まれ変わる!ジュエリーをリフォームする際の流れ

【札幌】ピアス・イヤリング・イヤーカフのリフォーム|オススメとデザインまとめ

 

 
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:00~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)

ジュエリーをもっと楽しむあなたに

のジュエリーリフォーム

古くなった、趣味にあわない、使いづらい、
サイズが変わったなど、最近出番のないジュエリー。

RITZ GLANDEで
生まれ変わらせます!

無料でご相談はこちらから

リフォーム事例の一部をご紹介!

2021年12月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031