婚約指輪・結婚指輪で後悔しない選び方は?|妥協しないオーダーメイドがおすすめ

婚約指輪で後悔した理由

photo by Pixabay

婚約指輪は大粒のダイヤモンドがついていたり、一般的に結婚指輪よりも高価なものです。そのため婚約指輪選びは失敗したくありません。しかし、婚約指輪は結婚指輪よりもデザインや素材が豊富でラインナップが多いため、人によって大きく好みが分かれるものです。

また婚約指輪はサプライズで渡されることも多いため、もらったときは嬉しくても実際はしっくりこないこともしばしばあるようです。

婚約指輪選びで失敗しがちなポイントは、大きく4つあります。婚約指輪選びに迷っている方は、これから紹介するポイントをぜひ参考にしてみてください。

サイズが合わない

婚約指輪で後悔することの多いポイントは「サイズ」です。婚約指輪のサイズ違いは、サプライズで渡される場合におこりがちです。しかし自分で婚約指輪を選んで購入しても、サイズが合わないことは実はよくあります。

もちろん自分で選ぶ場合には、サイズを確認し試着して購入するはずです。しかし店頭で試着しても何度かはめていると違和感を感じることがあります。それはたとえいつも着けている指輪と同じサイズの物だとしても起こりうることです。

ダイヤモンドリングは、薬指のセンターに石がおさまらないと美しくありません。そのためサイズ選びが重要なポイントです。

デザインが好みじゃない

デザインも婚約指輪で後悔しがちなポイントです。女性は婚約指輪に憧れを持っていますから、ある程度どんな指輪が欲しいのかイメージされていることも多いようです。そのため婚約指輪をもらえたことは嬉しいけれど、「正直好みじゃない」と思ってしまうのです。

また自分が気に入った指輪でも、豪華なデザインはなかなか着ける機会がありません。そのため「もう少し使いやすいデザインにすればよかった」と、思われる方もいらっしゃいます。

自分の好きなデザインを選ぶことはもちろんですが、指輪を着けるシチュエーションを考えて選ぶこともポイントになります。

好きじゃないブランドだった

指輪のデザインと同じように、「婚約指輪はこのブランドがいい」という風に憧れのブランドを持っていらっしゃる方もいます。憧れのブランド以外の指輪を選んだ理由は「自分が選ばなかったから」「予算が限られていたから」など人によって様々です。

しかし周りの人が自分の憧れのブランドの婚約指輪をしているのを見ると、やはりどこかで羨ましく思ってしまうのではないでしょうか?また婚約したあと友人から「どこの指輪?」と聞かれるときに好きなブランドではないことでモヤモヤした気持ちになるかもしれません。

彼が選んでくれた婚約指輪だとはいえ、できれば一緒に選びたいと思う女性が多いのもこういう点があるからです。もしもサプライズで渡してもらいたい場合は、事前に好きな指輪のブランドやデザインなど日常的にヒントを出してあげるとよいですね。

婚約指輪は必要なかった

婚約指輪を購入しないことを選んで後悔する人もいれば、購入したことを後悔する人もいます。婚約指輪はもちろん素敵です。憧れもありますし、華やかな指輪をもらえると気持ちが高ぶります。

しかしもらった時は嬉しくても、結婚式や新婚旅行の予算の話になったときに婚約指輪を節約してこちらに予算をとっておきたかった…と後悔される方も少なからずいらっしゃるようです。結婚指輪と違って婚約指輪は毎日つけるものではないですから、なおさらです。

結婚式や新婚旅行だけでなく、引っ越し費用なども入れると結婚後の生活にもかなりの初期費用がかかります。そのため高い婚約指輪は必要なかったなと後悔してしまうのです。

一方、婚約指輪を購入しないことを決めた人も、後々後悔することがあります。その場の勢いも大切ですが、やはりしっかりと予算を立ててその中で納得するものを選ぶことが大切なのではないでしょうか?

結婚指輪で後悔した理由

photo by Pixabay

婚約指輪と違い、結婚指輪はデザインも身に着ける頻度も全く違います。そのため結婚指輪で後悔するポイントは、婚約指輪とはまた違うようです。いつも身に着けている結婚指輪だからこそ、選ぶときにこだわっておきたいポイントがあるので紹介していきます。

デザインに飽きた

結婚指輪は基本的に、ずっと身に着けているものです。そのため個性的なデザインや、購入時に流行っているブランドやデザインの指輪を購入すると後々飽きてしまうことがあります。

いつも身に着けているもの、また年を重ねてもずっと着けているものですから、飽きがこないデザインを選ぶことがポイントです。特に若いころの趣味は、年齢を重ねるごとに変わっていきやすいものですから、長年つけられるかどうか…も考えて選ぶとよいですね。

職場で付けづらい

結婚指輪は、当然職場でもつけているはずです。男性の中には仕事中に結婚指輪はしない…という方もいますが、最近では男性でもほとんどの方が着けています。

結婚指輪にはダイヤモンドをあしらった華やかなタイプのものもありますが、目立ってしまって職場ではつけづらいもの。いくらデザインが気に入っていたとしても、職場でつけづらいとやはり後悔してしまいます。

華やかな指輪が好きな方は、婚約指輪を華やかにして結婚指輪は落ち着きのあるものを選ぶのがおすすめです。

サイズ直しが出来ない

購入当初はピッタリでも、だんだんと年齢と共に指輪のサイズが変わっていきます。体重の増減や、妊娠、浮腫みやすい体質など、理由は様々ですがある時点で指輪のサイズ直しをするケースが多いものです。

しかし指輪の中にはサイズ直しができないものがあることをご存知でしょうか?サイズ直しができない代表的な指輪が、エタニティリングです。指輪のアーム部分にダイヤがグルリと一周埋め込まれているため、サイズ直しができません。

またハイブランドの指輪には、サイズ直しが難しい物が多々あります。それはハイブランドのアイコニックなデザインモデルに多く、繊細なデザインであるがゆえにサイズ直しをするとデザインが崩れてしまうからです。

サイズ直しが出来ないタイプの指輪は、購入時に何らかの説明があるはずです。しかし不明な場合は今後サイズ直しができるのかどうか、購入前に確認しておくと良いでしょう。

色選びに失敗した

結婚指輪に人気の色は、プラチナやホワイトゴールドのシルバー系、イエローゴールドそしてピンクゴールドです。またその他にも個性的な指輪の色もありますが、色選びも大きなポイントになります。

例えばイエローゴールドが好きでも、職場では目立ってしまったり…ピンクゴールドが気に入っても、年齢を重ねるとイエローゴールドやホワイトゴールドが良いと思ってしまったり…はたまた婚約指輪と重ね付けしたときに、2つの指輪で色が合わないこともあります。

婚約指輪と重ね付けを考えている方は、婚約指輪を持って結婚指輪を選ぶと良いですね。またイエローゴールドが好きな方は細目のアームを選んで控えめすることや、ツートーンの結婚指輪を選ぶことで職場でも目立たなくすることができます。

付け心地が良くない

ずっと身に着けている指輪ですから、デザインよりも付け心地を重視する方が失敗しません。結婚指輪を選ぶときにデザインやダイヤモンドばかりを気にする方がいらっしゃいます。しかし付け心地を考えずに購入すると、後々違和感や痛みを感じてしまうことがあります。

指輪の内側の角が当たったり、内側がくぼんでいるために指に違和感を感じたり…付け心地よりもデザイン重視の指輪はたくさんあります。しかし付け心地にこだわっているジュエリーブランドでは、痛みや違和感が出ないよう「内甲丸」といって内側の角も丸く加工しています。

指輪を試着していると、なめらかに指にフィットする指輪に気づくことでしょう。そういうフィット感も大切にすると良いですね。

後悔しない選び方

photo by Pixabay

では婚約指輪や結婚指輪の後悔しないように選ぶには、どうすればよいのでしょうか?もちろん人によって好みや職場環境が違いますから、一概には言えません。しかし後悔しないためには、大きなポイントがあるのでここは押さえておきましょう。

2人の意見をしっかり盛り込む

いくらサプライズがしたいからといっても、なるべくなら婚約指輪も2人の意見を入れることが失敗しないポイントです。

例えばジュエリーストアではプロポーズ用の仮指輪を貸し出してくれるところもあります。そしてその後2人で指輪を選ぶのです。このように婚約指輪も結婚指輪も2人の意見をしっかりと盛り込むことが、後悔しないポイントです。

メンテナンスがしやすいものを選ぶ

サイズ直しの件は前項で少しふれましたが、長年使う結婚指輪は必ずメンテナンスが必要になってきます。そのためサイズ直し以外にも、メンテナンスしやすいものがおすすめです。

たとえば結婚指輪にプラチナが人気な理由は、ゴールドと比べて耐久性が高いからです。ゴールドは柔らかい素材のため日常生活の中で、簡単に歪んでしまいます。耐久性を考えるとゴールドの場合は合金にするなど、耐久性が高いものを選ぶのもポイントです。

長く付けられるデザインを選ぶ

購入時に指輪のデザインを気に入ることはもちろんですが、年を重ねてからも長くつけていられる飽きのこないデザインも頭に入れて選びましょう。

特に流行りのスタイルや、今話題のブランドモデルなどはあっという間に飽きがきてしまいます。それよりも着けた時に指がきれいに見えるデザインや、品のある指輪を選ぶと良いですね。

婚約指輪・結婚指輪はオーダーメイドがおすすめ

photo by Pixabay

細かくポイントを見ていくと、なかなか理想の婚約指輪や結婚指輪に出会えないことがあります。そんな時におすすめしたいのが指輪のオーダーメイドです。

ジュエリー専門店のリッツグランデでは、指輪のセミオーダーやフルオーダーの製作が可能です。指輪の素材、使用する宝石のサイズやクオリティ、デザインまで予算に合わせて細かく打ち合わせをしたのちに、理想の指輪を制作してもらえます。

世界にたった一つこだわりの指輪が出来上がるので、制作途中の思い出も一緒に指輪に込められます。

婚約指輪・結婚指輪のリフォーム

リッツグランデではオーダーメイドだけでなく、指輪のリフォームもできます。例えばサイズ直しができなくなった指輪やデザインに飽きてしまった指輪など、リフォームすることによってまた着用できるようになります。

婚約指輪の石を使って既存の指輪にはめる「セミオーダーリフォーム」は、納期が短くリーズナブルにデザインを変えられます。またイチからデザインを一新する「フルオーダーリフォーム」はセミオーダーよりも費用と日数がかかりますが、その分納得のいくオリジナルの指輪が出来上がります。

生まれ変わった婚約指輪や結婚指輪は、また大切な思い出をのせて手元を彩ってくれるでしょう。

▼オーダーメイドについてはこちらもチェック▼

指輪のオーダーメイド|オーダーメイドのポイントや流れを徹底解説!

オーダージュエリーで自分だけのデザイン|オーダーメイドの値段や流れは?

失敗しないためのオーダーメイドジュエリーとは?

まとめ

photo by Pixabay

今回は婚約指輪や結婚指輪を選ぶうえで、大切なポイントについてお話しました。じっくり時間をかけて選んだつもりでも、後で後悔する人は多いものです。それは見た目や値段ばかりを重視してしまったからでしょう。

デザインはとても大切な要素の1つですが予算や付け心地など、ぜひ全てに妥協しない指輪選びをしてください。

 

▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:00~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)

ジュエリーをもっと楽しむあなたに

のジュエリーリフォーム

古くなった、趣味にあわない、使いづらい、
サイズが変わったなど、最近出番のないジュエリー。

RITZ GLANDEで
生まれ変わらせます!

無料でご相談はこちらから

リフォーム事例の一部をご紹介!

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930