結婚指輪はつけっぱなしにするもの?メリットやデメリットも紹介

結婚指輪はつけっぱなしにして大丈夫?

結婚指輪をつけっぱなしにしている人は多くいます。しかし、いざ自分が結婚して指輪をつけてみると、つけっぱなしにすることに違和感を抱くのではないでしょうか。

日々の生活を送る中で、結婚指輪をしていると支障が出ることもあるのではないかという不安も出てくるでしょう。

「つけっぱなしでも大丈夫?」と特に感じてしまう場面について紹介します。

お風呂

結婚指輪がプラチナやゴールドの場合、つけっぱなしのままお風呂に入ることで指輪が変形したり変色したりすることはほぼありません。

結論から言うと、結婚指輪をしたままお風呂に入ることは問題ないのです。シャンプーやボディソープなどが指輪に触れても大丈夫です。

しかし、注意してほしいのがシャンプーやボディソープを使うことで指輪が外れやすくなる可能性が高くなることです。

外れずにお風呂を無事に終えることのほうが多いですが、万が一があることも考えておきましょう。どうしても気になる場合は、お風呂のときは外しておくのもおすすめです。

寝るとき

結婚指輪はシンプルなデザインが多いため、基本的には寝るときにもつけっぱなしにすることが可能です。

デザイン的に凹凸があって引っ掛かる可能性がある場合は、寝具を傷つけることもあれば、指輪を傷つけることもあるので外したほうが良いでしょう。

また、寝ているときには多くの汗をかくため、指輪が汗で曇ることも考えられます。汗や皮脂の汚れは専用の布などで拭き取ると良いでしょう。

紛失防止やつけ忘れ防止のために寝るときもつけたいという人は、つけっぱなしにしても問題ありません。

結婚指輪をつけっぱなしにするメリット

結婚指輪をつけっぱなしにすることは、一瞬で「結婚している」ということを周りにアピールすることができます。幸せいっぱいな雰囲気を指輪で伝えることもできるでしょう。

ここでは、結婚指輪をつけっぱなしにするメリットについて紹介します。

無くさない

結婚指輪をつけっぱなしにするということは、いつも何をしていても結婚指輪と一緒に行動することになります。そのため、結婚指輪を無くさないという大きなメリットがあります。

つけたり外したりしていると、「どこかに置きっぱなしにしてしまった」「置いた場所を忘れた」という非常事態が発生することも考えられます。

結婚指輪を無くすというのは、とてもショックなことです。パートナーに対する申し訳なさも出てくるでしょう。

「無くしたらまた購入したら良い」というものではありません。自分の結婚指輪は世界に1つだけしかないのです。

無くす可能性をできる限り低くするには、つけっぱなしにすることをおすすめします。

パートナーの存在が感じられる

結婚指輪をつけっぱなしにしていると、自分には素敵なパートナーがいることをいつも感じることができるでしょう。指輪が目に入るたびにパートナーの顔が浮かぶこともあります。

仕事で疲れたとき、何かに悩んだときに指輪があるとそれだけで心強くなるのではないでしょうか。結婚指輪をつけっぱなしにしていると、意外に結婚指輪に癒される場面というのが訪れるものです。

また、結婚指輪をするということは、周りに対してもパートナーがいることを示しているものなのでお互いに安心感が芽生えます。

夫婦の仲の良さが続くためにも、つけっぱなしにすることのメリットは大きいでしょう。

結婚指輪をつけっぱなしにするデメリット

結婚しても結婚指輪をつけていないという人もいます。例えば、仕事の関係上つけることができないということもあるでしょう。手を使う仕事の場合、指輪が傷つくので、つけっぱなしがデメリットになることもあります。

それ以外にも、結婚指輪をつけっぱなしにすることで感じられるデメリットがあるので紹介します。

衛生的ではない

衛生面を考えると、指輪のつけっぱなしは良くないと言われています。手は、様々なものに触れる機会が多く、思っている以上に雑菌がついています。

目には見えない雑菌が指と指輪の間に入りこんでしまうのです。雑菌がついていることに気付かずに料理をしてしまうと、結果的に食中毒の原因になることもあります。

衛生的に、料理のときだけは外すと決めておくのもおすすめです。また、料理の前や外から帰ってきたときは、指輪を外して手をしっかりと洗い清潔に保つようにすると良いでしょう。

皮膚によくない場合も

結婚指輪をつけっぱなしにする場合、何年も何十年もつけっぱなしのまま時間が経過することが考えられます。その結果、指輪が皮膚に食い込んで取れなくなるという人もいるのです。

指輪を無理やりとろうとして、指を傷つけてしまうこともあるでしょう。また、指と指輪の間に入った雑菌が原因で水虫になることも多いと言われています。

指輪をしている指の皮膚がカサカサになったりなど、水虫と思える症状が出てくることもあるでしょう。皮膚のためにも、定期的に指輪を外して清潔にしてください。

つけっぱなしにするなら素材選びも大切

毎日の生活を送る中で、結婚指輪というのはつけたり外したりするよりも、つけっぱなしにしていたほうが楽なものです。最初はつけていることに違和感がありますが、次第に慣れていき、つけないことに違和感が出てくることもあるでしょう。

しかし、つけっぱなしにするためには、結婚指輪の素材選びが重要になります。結婚指輪の素材というと、プラチナやゴールドなどがあります。

毎日つけっぱなしにすることを考えると、1番おすすめされている素材は「プラチナ」です。

プラチナは、温度変化や酸などにも強く変形、変色がしにくい素材と言われています。

プラチナの指輪は「Pt950」「Pt900」などの表記がされていることが多いです。プラチナが持つ素材にプラスして、丈夫さを増すための素材も使われているため、結婚指輪をつけっぱなしにしたいなら、プラチナと言われるのも納得できるでしょう。

ただし、プラチナに混ぜている素材に金属アレルギーを起こすこともあります。できるだけ、加工するときに「イリジウム」を使用しているものを選ぶと、アレルギー反応が起きにくいと言われています。

日常使いするためには、アレルギーのことも考える必要があるので、アレルギー体質の場合は加工素材についても調べておきましょう。

定期的なメンテナンスは必要

結婚指輪を毎日つけっぱなしにしていると、皮脂などで汚れたり生活による傷がつくことも考えられます。最初の輝きを保つためには、定期的なメンテナンスが必要になるでしょう。

指輪を購入したお店に持っていくと、メンテナンスをしてもらえる場合があります。

RITZ GRLANDEでは指輪のサイズ直しや職人新品仕上げなども行っています。また、メンテナンス後3ヵ月は無料保証も付きますのでぜひご利用ください。

▼ジュエリーのお手入れについてはこちらもチェック▼

K18(18金)の手入れ方法|変色の原因や保管方法まで徹底解説!

ダイヤモンドの手入れ方法|曇りやくすみを取り除いてエクセレントな輝きを!

結婚指輪の手入れ方法|定期的なクリーニングケアが輝き続ける秘訣

まとめ

結婚指輪をつけっぱなしにするのかどうかは、自分の生活スタイルにで変わってきます。

つけっぱなしにすることでのメリットやデメリットから、どちらのほうが自分に合っているのか考えてみましょう。

結婚指輪は大切なジュエリーです。つけっぱなしにするときもしないときも、大事に扱ってくださいね。

 

▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031