ダイヤモンドの手入れ方法|曇りやくすみを取り除いてエクセレントな輝きを!

ダイヤモンドの特徴

キラキラと七色の輝きを放つダイヤモンドは昔から多くの人を魅了してきました。手元や胸元でキラリと光るダイヤモンドには、ほとんどの女性が憧れを抱いているはずです。

しかしダイヤモンドは輝きが一番の魅力だというのに、ダイヤモンドには「くすみやすい」という特徴があります。とても美しいダイヤモンドがくもってしまうのは残念ですよね。

ダイヤモンドがくすんでしまう原因は「油」です。ダイヤモンドには「親油性」という性質があり、油とすぐになじんでしまいます。そのため皮脂などの油分がダイヤモンドの表面に付着し、美しいダイヤモンドの輝きがくもってしまうのです。

ダイヤモンドをくもらせる原因は皮脂のほかに、ハンドクリームやコスメ、香水等もあります。手についた油分を拭き取らずにダイヤモンドを触ってしまうとたちまちくもってしまうので、お出かけ時以外はなるべく外しておくことがおすすめです。

ダイヤモンドの輝きを取り戻す方法

性質上くもりやすいダイヤモンドですが、一度くすんでしまったダイヤモンドでも輝きを取り戻すことができます。

宝石専門店に依頼

ダイヤモンドの輝きを取り戻す、一番簡単な方法は宝石専門店でクリーニングを依頼することです。宝石専門店ではアフターサービスとしてクリーニングを無料で行ってくれるところもあるので、購入したお店に問い合わせてみるのが一番です。

またダイヤモンドのクリーニングはメンテナンス料金の中に含まれていますから、メンテナンスを依頼する場合にクリーニングを追加する必要はありません。

家庭で手入れする

ダイヤモンドのお手入れはプロにお任せしなくても、実はご家庭でセルフクリーニングが可能です。ただしご家庭でのセルフクリーニングは細かな傷によるくもりには対応できません。あくまで油脂を取り除く作業だと考えましょう。

ご家庭でセルフクリーニングする場合には頑固な汚れになるとなかなか難しいので、こまめにお手入れすることが大切です。

家庭で出来るダイヤモンドのお手入れ方法

ではダイヤモンドのセルフクリーニングはどうやったらよいのか、ご家庭でできるお手入れ方法を詳しく紹介していきます。ご家庭でお手入れするときには中性洗剤、やわらかい歯ブラシ、布、ボウルなど水をためるものとぬるま湯を用意しましょう。

また、ダイヤモンドの洗浄はシンクなど排水溝があるところでするのは避けてください。万が一ダイヤモンドが外れて流されてしまっては悔やみきれません。

中性洗剤とやわらかいブラシ洗浄

用意ができたら早速ダイヤモンドのお手入れを始めましょう。まずぬるま湯に少量の中性洗剤を溶かします。水でもよいのですが、ぬるま湯の方が中性洗剤が溶けやすいのでおすすめです。

洗浄液ができたらダイヤモンドをゆっくりと浸します。浸したら洗浄液の中で歯ブラシを使い、ダイヤモンドを優しくこすり洗いしましょう。ゴシゴシこすらなくても表面の汚れは簡単に落ちるので、ダイヤモンドを傷つけないためにも優しくこすることが大切です。

また、ダイヤモンドと台座の接着部を丁寧にこするとより美しい仕上がりになります。ただし爪や台座を傷つけないように注意してください。もしも汚れがひどくて優しくこすってもなかなかとれないようなら、洗浄液に1日ほどつけてからこすり洗いをすれば大丈夫です。

やわらかい静電気防止布で優しくふく

ダイヤモンドをきれいに洗い終えたら柔らかい布でしっかりと水分を拭き取ってください。水分を拭き取るのは柔らかい布でよいのですが、ダイヤモンドは静電気でほこりが付きやすい性質も持っています。

できれば布は静電気防止布で優しくふくとよいでしょう。しっかり水分を取ったらきちんと箱に入れて保管してください。これでダイヤモンドのセルフケアは完了です。

またダイヤモンドは長年使っていると爪が弱くなったり、台座が歪んだりするものです。そこで洗浄中にダイヤモンドがぐらついていないか洗浄液の中で上から少し押し、ぐらつきがないか確かめてみましょう。

ダイヤモンドの取り扱い・保管方法&注意点

最後に、ダイヤモンドの取り扱いや保管方法、そして注意点をダイヤモンドの性質を踏まえて紹介していきます。

世界で一番固い宝石といわれるダイヤモンドでも、適した保管方法をとっていないと輝きがくすむだけでなく、指輪の部分が変形したりダイヤモンドが割れる原因になってしまうのです。

有害液体は使用しない

ダイヤモンドのお手入れには中性洗剤を使うと説明しましたが、汚れがひどいからといって塩素系の洗剤は絶対に使ってはいけません。ダイヤモンド自体は耐久性が高いため、塩素系の洗剤を使っても色が変わったり、傷がつくことはありません。

しかし塩素系洗浄剤はダイヤモンドを留めている金属部分が腐食してしまう原因になります。せっかくの美しいダイヤモンドリングがポロリと取れてしまうのも嫌ですが、金属部分が変色してしまうのも避けたいですね。

また研磨剤も同様に金属部分を傷つけてしまいます。きれいに磨きたいからという理由でも絶対に研磨剤を使用してはいけません。

超音波洗浄には注意

眼鏡などの洗浄用に超音波洗浄器を持っている人もいるでしょう。そして超音波洗浄器の説明書にはダイヤモンドなどの宝石類も洗浄可能と明記されているはずです。

しかし超音波洗浄器でダイヤモンドをお手入れする場合は、注意が必要です。特にフラクチャー充填(宝石内部の亀裂が表面まで達する場合に外観や安定性を向上させるための処理)されたダイヤモンドに超音波洗浄器を使うメンテナンスは危険です。またフェザー(羽根状にみえる宝石内部の亀裂)が入っているダイヤモンドも慎重にしなければいけません。

超音波洗浄器は低周音波により洗浄液を振動させることで、ダイヤモンドの汚れを取り除きます。しかしダイヤモンドのガードル(ダイヤモンドの上部と下部を分ける、正面から見た時の縁部分)を傷つけることもあるため、お手入れには優しく自分の手で行う方がおすすめです。

衝撃&高温が苦手

ダイヤモンドは固いことでよく知られていますが、固いとはいえ絶対に割れないとはいえません。実はダイヤモンドは一定方向の力には弱く、案外簡単に割れてしまうのです。

この性質を劈開(へきかい)と呼ぶのですが、劈開面にたまたま力が加わってしまうといくら固いダイヤモンドでも、床に落ちただけで割れることもあるくらいです。そのためなるべく衝撃は避け、大切に保管しておくことが重要です。クッション性の良い宝石用の箱に入れて保管してください。

またダイヤモンドは炭素でできています。炭素は熱を加えると酸素と結合し二酸化炭素に化学変化を起こします。もちろん少々の熱ではなんともありませんが、800度以上の熱を加えると燃えてなくなってしまいます。また燃えないとしても表面の透明度が失せ、美しいダイヤモンドの輝きが失われてしまいますから熱には注意しましょう。

ダイヤモンド同士をぶつけない

ダイヤモンド同士をぶつけるとお互いに傷がついてしまいます。またダイヤモンドが当たって他の金属部に傷が入ることも否めません。

ダイヤモンドはジュエリーボックスで個別に分けて保管するようにしてください。

▼その他ジュエリーのお手入れ方法はこちらもチェック▼

アメジストの手入れ方法|石の特徴や取り扱い方法を徹底解説!

ルビーの手入れ方法|華やかで情熱的な真紅な赤色を取り戻す!

エメラルドの手入れ方法|普段から綺麗にしていつまでも輝きのあるお気に入りジュエリーに

いつまでも美しいダイヤモンドの輝きを

ダイヤモンドはずっと美しい輝きを放ってほしいもの。それには定期的なお手入れが欠かせません。セルフクリーニングはもちろんですが、日ごろから汚れや傷がつかないように注意してずっと美しいダイヤモンドを使い続けてください。

  
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031