職場での婚約指輪はどうしてる?マナーやOKなデザインとは

職場での婚約指輪、つける?つけない?

恋人からプロポーズをされて結婚することが決まったら、婚約指輪を身に着けることになります。婚約指輪は職場や仕事中も着けていても良いものなのでしょうか?

特にマナーを重んじる職場では気になるところです。まずは、婚約指輪を職場で身に着ける時のマナーやポイントについてご紹介していきます。

職場の雰囲気を考える

婚約指輪はただのファッションではなく、婚姻の印としての意味合いが込められたものでもあるので、基本的には職場でもOKな場合が多いです。

ですが、婚約指輪は華やかなデザインのものも多いので、その職場の雰囲気に合わせて着けるかどうかを考えた方が良いでしょう。

特に公務や教育、医療に携わる仕事をしている場合は、例え婚約指輪であってもあまり派手なアクセサリーは良しとされていない風潮があります。

例えば静かな雰囲気で堅い職場で働いていたり、普段からオフィスカジュアルではなく制服で働いているなど。

これらの場合は、その職場の雰囲気に合わせて華やかすぎる婚約指輪は避けた方が良いと言えます。婚約指輪を着けてもOKかどうかは、周囲の既婚者の同僚の手元を確認してみましょう。

また、人間関係にトラブルがあったり、大々的に結婚報告をすることであなたに妬みや反感を抱く人がいる場合も、余計なトラブルを生まないために婚約指輪を着けるのは避けた方が良いでしょう。

シーンに応じて着脱する

基本的に婚約指輪を着けていてもOKな職場の場合も、シーンに応じて着脱するよう心がけるのも良いでしょう。

デスクワークや内勤で、同僚にしか手元が映らない場合は婚約指輪を着けて仕事をしていても問題はありません。

例えば打ち合わせや商談などで社外の人と会うときは華やかな婚約指輪は外しておくなどして切り替えるなど臨機応変に対応することをおすすめします。

そうすることで、アクセサリーや身だしなみに対して厳しい方からも不快に思われる心配は格段に減らすことができます。

もしシーンに合わせて着脱することを考えているのであれば、大切な婚約指輪を失くさないようにジュエリーケースを持ち歩くのも良いですね。

デザインを考える

また、デザインを考える必要もあります。これから婚約指輪を購入する予定で、職場でも着けておきたい場合は、仕事中に邪魔にならないデザインを考えるようにしましょう。

例えば石やモチーフが大きいものの場合、うっかり仕事中に引っ掛けてしまったり、仕事の邪魔になってしまう可能性があり、マナー以前に仕事に支障が出てしまいます。

また、石が大きい婚約指輪を着けていると、「自慢をしている」など悪いように取られて職場の雰囲気が悪くなってしまう可能性もあります。

そうなると、せっかくの結婚にも関わらず周囲からの心からの祝福を得られないという懸念も生じるので、デザインに合わせて考えるのも良いでしょう。

結婚報告前は避ける

婚約指輪は職場に結婚報告をした後から着ける方がマナーとして良いと言えます。もし婚約指輪を着けてから、それを同僚などに指摘されて初めて結婚の報告をするとなると、「まず最初に報告してほしい」と反感を買ってしまう場合もあります。

また、結婚するとなると苗字が変わったり住む場所が変わったりと様々な変化が出る場合も多いので、結婚の際は早めに職場に報告しておきましょう。結婚の報告の際は上司、先輩、そして同僚や目上の方から順番に報告するのもマナーの一環です。

心置きなく婚約指輪や結婚指輪を着けるためにも、結婚報告は仕事においてしっかりと手順を踏んで行うべきものだと言えます。

職場でつけやすい婚約指輪のデザインは?

では、職場で着けやすい婚約指輪というのは、どのようなデザインなのでしょうか?

ここで、職場で着けやすい婚約指輪のデザイン例と選ぶときのポイントについてご紹介していきます。

フルエタニティよりハーフエタニティリング

婚約指輪の定番の形として「フルエタニティ」と「ハーフエタニティ」の2種類があります。

フルエタニティリングは宝石が指輪の全周に留めてあるものを指します。特にフルエタニティリングは非常に高級感がありますが、厚みがあったりギラギラとした印象に取られてしまいます。

その一方でハーフエタニティリングの場合は指輪の半周程に宝石が留めてあるデザインです。

その方がひかえめな印象があり、通常は手の甲側にストーンが来るデザインですが、状況に合わせて半回転させることで、ダイヤのないシンプルな面を見せることができます。

2つの顔を見せることができるので、特にマナーを気にしたい職場の場合はそのようにして切り替えるのも良いでしょう。

華やかで華奢なメレデザイン

メレデザインの婚約指輪は複数のストーンを組み合わせた形の指輪で、ひとつのセンターストーンと、小さなサイドストーンによってデザインが構成されています。

このサイドストーンに使われるダイヤモンドは「メレダイヤ」とも呼ばれていますね。メレデザインは婚約指輪ならではの華やかさがありながらも石の一粒一粒は小さいものが多く、華奢なデザインに作られていることが多いです。

なので仕事中も邪魔になりにくく、派手すぎない印象にまとまるのがメレデザインの婚約指輪の良いところです。

複雑なデザインのものも多いので、派手さよりもおしゃれなデザインにこだわりたい方におすすめしたい婚約指輪の種類でもあります。

TPOを選ばないシンプルな指輪

職場や日常生活でも着けることを前提として選ぶのであれば、TPOを選ばないシンプルなデザインの指輪を選ぶのも良いでしょう。

石が使われていないシンプルなものを選んだり、石が飛び出たデザインではなくリングに埋め込まれたデザインもシンプルで人気があります。

すっきりとしたデザインが多いので、職場ではもちろん、家族と過ごすときや冠婚葬祭の際も派手すぎない印象にまとまるのがその特徴です。

常に婚約指輪を身に着けていたい方は、日常生活を想定したデザインを積極的に選ぶようにしてみてくださいね。

職場でも気兼ねなくつけられる指輪はオーダーメイドで

せっかくの婚約指輪だからこそ、2人にとってお気に入りのデザインにしたいと思うのは当然のこと。

ですが、職場で着けるときのマナーについても考えなければいけないとなると、様々な制約が生じて市販のものではなかなかぴったりなものを見つけられない、ということも。

そんなときはオーダーメイドジュエリーがおすすめです。

RITZ GLANDEではプロのジュエリーデザイナーがお客様のご希望に合わせて、デザイン画から制作、アフターケアまでを承っております。

カップルで思い描いた理想の形の婚約指輪を作ることができるので、ぜひオーダーメイドの婚約指輪も視野に入れてみてくださいね。

▼婚約指輪やオーダーメイドについてはこちらもチェック▼

婚約指輪の結婚後の使い道|いつまで付けているもの?

ダイヤなしの婚約指輪・結婚指輪|使いやすいシンプルなデザイン

指輪のオーダーメイド|オーダーメイドのポイントや流れを徹底解説!

まとめ

職場で婚約指輪を身に着ける時は、マナーや職場の雰囲気、人間関係など様々なことについて考えなければいけません。

婚約指輪を常に着けることで、仕事のモチベーションはもちろん来たる結婚に向けてのあなたの気持ちも高まります。

ぜひ婚約指輪を気持ちよく着けることで、素敵な結婚を目指してくださいね。

 
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
2022年6月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930