婚約指輪の結婚後の使い道|いつまで付けているもの?

婚約指輪はいつまでつけるもの?

photo by Pixabay

プロポーズを受けて婚約指輪をプレゼントされると、さっそく指に付けて使い始める人も多い事でしょう。婚約指輪は様々なデザインがあり、豪華なたて爪デザインのものから少し小さめの石がついたシンプルなデザインもあります。

シンプルで凹凸が少ない婚約指輪は普段の生活の中でも服などに引っ掛かりにくく、普段使いする人も増えているようですが、正式に結婚が決まった後は婚約指輪はいつまで付けていればいいのか迷ってしまいますね。

一般的に婚約指輪は結婚指輪に付け替えるまで使うのが基本です。

具体的には婚姻届けを役所へ提出して正式に夫婦になった日、または結婚式を挙げて指輪交換をした日に付け替えるという人が多いようです。

必ずしもこの日を境に付け替えなければならないというものではありませんが、婚約指輪を結婚指輪に付け替えることで気持ちの在り方にも少し変化が芽生えますね。

婚約指輪の結婚後の使い道は?

photo by Pixabay

婚姻届けを出した日や結婚式の日に婚約指輪から結婚指輪に付け替えた後は、婚約指輪はもう使えないのかと残念に思う人もいるかもしれませんね。

実は結婚指輪に付け替えた後も婚約指輪の使い道はいろいろあります。

たとえば「結婚指輪との重ね付け」「特別なお出かけの日の装い」「結婚式のアクセサリー」など豪華な婚約指輪が活躍するシーンは人生の中で意外と多く登場します。

せっかくプレゼントされた婚約指輪を使わないままタンスの肥やしにしておくのは勿体ないですね。ぜひここぞという場面でどんどん使ってみてはいかがでしょうか。

結婚指輪との重ね付け

まず婚約指輪を結婚指輪と重ね付けする使い方ですが、これは婚約指輪と結婚指輪のデザインによって使いやすさが変わります。

婚約指輪と結婚指輪のデザインが全く異なる場合は、重ね付けるとチグハグな印象になってしまうこともあります。

婚約指輪と結婚指輪は同じブランドで購入することも多いと思いますが、それぞれの指輪のテーマが同じ場合は2つを重ね付けすることで上品な2連リングのように見せることも可能です。

ゴールドの指輪にプラチナの指輪を合わせてもオシャレですし、ピンクゴールドの指輪にシルバーの指輪を合わせても綺麗にまとまります。

2連リングは最近の流行でもあり、女性の指を細く華奢に見せると言われています。結婚指輪のデザインの雰囲気を替えたい時などにぜひ試してみてください。

特別なお出かけに

特別なお出かけをする時は結婚指輪に付け替えた後も、婚約指輪をすることもあります。

普段使いするための結婚指輪はシンプルなデザインのものが多いですが、婚約指輪は豪華で派手なデザインのものが多いですね。

結婚記念日に2人で少し高級なレストランへお出かけする時など、ここぞという特別なお出かけの時に婚約指輪を使う人もたくさんいます。

夫婦の大切な記念日に婚約指輪を身に付けることで、男性も女性もお互いにプロポーズの時の感動が胸に蘇って新鮮な気持ちを思い出すことができます。

また海外旅行に行く時や習い事の発表会に出る時などに婚約指輪を使う人もいます。

普段よりもオシャレをすることが多い日は、アクセサリーも豪華なものを身に着けたいですよね。このような時も婚約指輪は非常に大活躍してくれますよ。

結婚式などの行事

さらに結婚式にお呼ばれした時などの行事でも婚約指輪が活躍します。結婚式では招待された側もきちんと身なりを整えて、できるだけ華やかなファッションで出席するのが礼儀とされています。

結婚式でヘアスタイルを綺麗にセットし、光沢のあるワンピースやヒール、高級着物を着る時などはシンプルな結婚指輪よりも豪華な婚約指輪の方がファッション全体の見栄えがしますね。

豪華なアクセサリーは女性をさらに美しくエレガントに見せてくれます。見栄を張る必要はありませんが、せっかくプレゼントされた婚約指輪を最大限に活用したい時は格好のお披露目の場となります。

夫婦で結婚式に招待されて一緒に出席する時などは、立派な婚姻指輪を身に着けた女性の姿にパートナーもきっと誇らしげな気持ちになってくれるはずです。

婚約指輪を外したあとも楽しむ方法

photo by Pixabay

婚約指輪を一度外して結婚指輪に付け替えた後も使い道はいろいろありますが、長く楽しむためにはデザインを変えたりリフォームするのも良い方法です。

最近は何十年も昔の婚約指輪を指輪や他のアイテムに作り直すリフォームが流行しています。

指輪のリフォームは元の素材や石を無駄にすることなく、リーズナブルに新しいアクセサリーを手に入れることができるのが良いですね。

婚約指輪をリフォームする時は後で問題にならないように事前にパートナーに一言断りを入れておくと安心ですよ。

他のアイテムにリフォーム

婚約指輪を他のアイテムにリフォームする例としては、ネックレスやピアス、イヤリングなどにするのが一般的です。

特に1粒ダイヤなど大きな石を使った婚約指輪は、その石を活かしたネックレスやペンダントにする人が多いようです。

リフォームする時はリフォーム代金の他にデザイン代や、アクセサリーに使うパーツ代、石の研磨の費用などが必要ですが、新しいものを買うことに比べるとはるかに安く済みます。

婚約指輪のデザインが古すぎて使えない時は試してみる価値はあるでしょう。

普段も使いやすいデザインにリフォーム

たて爪の指輪は豪華で華やかですが、家事をする時に邪魔になってしまったり、子育て中の女性には使いにくいことも多いですね。

婚約指輪のデザインが普段の生活の中で使いにくい場合は、普段使いしやすいシンプルなデザインにリフォームすることも1つの方法です。

全体のデザインはそれほど手を加えずに、たて爪リングの石を埋込みにするだけでも使いやすくなります。

ぜひアクセサリーのリフォームを請け負っているお店や、指輪を購入したブランドのお店のアフターサービスなどに相談してみてください。

最初からオーダーメイド

後で婚約指輪をリフォームすることを考えるのであれば、最初からオーダーメイドで指輪を作っておくのもおすすめです。

RITZ GLANDEでは経験豊富な専門のデザイナーによる完全オーダーメイドの指輪をつくることが可能です。

相談時間はおよそ30分~60分程度で、もちろん自分の希望のデザインを伝えることができます。一からデザインを考えるのが大変な場合は、デザイナーが厳選したデザインの中から好みのものを選ぶセミオーダーもおすすめです。

オーダーメイドした指輪は永久無料保証が付いていて、指輪のサイズ直しや修理にも対応いたします。指輪のデザインを変えてリフォームしたい時は別途費用はかかりますが、トレンドを押さえた素敵なアクセサリーに作り変えることができます。

相談だけでも気軽に来店予約をして、ぜひ利用してみてください。

▼リフォームやオーダーメイドについてはこちらもチェック▼

婚約指輪が気に入らない|思い切ってリフォームがおすすめ

新しい姿に生まれ変わる!ジュエリーをリフォームする際の流れ

指輪のオーダーメイド|オーダーメイドのポイントや流れを徹底解説!

まとめ

photo by Pixabay

婚約指輪を結婚指輪に付け替えるタイミングや、その後の婚約指輪の使い道などをご紹介しました。

思い出の婚約指輪は結婚指輪に付け替えた後もタンスに眠らせておくのはとてももったいないですね。

婚約指輪をいつまでも使えるアクセサリーとして楽しむために、お手入れを欠かさずリフォームなども活用してぜひ身に着けてください。

 
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:00~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)

ジュエリーをもっと楽しむあなたに

のジュエリーリフォーム

古くなった、趣味にあわない、使いづらい、
サイズが変わったなど、最近出番のないジュエリー。

RITZ GLANDEで
生まれ変わらせます!

無料でご相談はこちらから

リフォーム事例の一部をご紹介!

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930