ネックレスの長さ調整|輪っかの使い方や体型別おすすめの長さは?

ネックレスの長さ調節

©iStock.com/Zoraa

 

ネックレスはその人の魅力を引き立てるアクセサリーのひとつですが、そのネックレスのデザインによって印象は大きく変わります。

特に、ネックレスの長さは非常に重要で、同じデザインのネックレスでもその人の顔の輪郭や体型に合った長さに調節することで見栄えはグッと良くなります。

今回はそのネックレスの長さ調節の基本や長さごとの印象、ネックレスの種類にについてご覧ください。

ネックレスの輪っかは長さ調整のため?

 

©iStock.com/xtrekx

ネックレスは特に短いものだと、首から提げるために輪を着け外しできるようになっています。

特に、ネックレスのチェーンの一部にはチェーンとは異なる輪が付いているのが気になったことがある方もいるかもしれません。

ここで、ネックレスのチェーンと長さ調節の基本についてご紹介していきます。

アジャスター環

国内で頻繁に見かけるネックレスの多くが「アジャスター環」と呼ばれるパーツで作られています。

爪でスライドさせることで一部が開く環状のパーツを使ってネックレスを留めることができます。

このアジャスター環のネックレスはチェーンの端だけでなくチェーンの途中にも輪っか状のパーツがあり、ここにアジャスター環を通して長さを調節することもできます。

スライドチェーン

あまりメジャーではありませんが、スライドチェーンと呼ばれるパーツが採用されたネックレスもあります。

ネックレスの先端のアジャスター環が「スライドボール」と呼ばれるパーツに取り付けられており、チェーン状をスライドさせてチェーンの長さを調節できます。

通常のアジャスター環のネックレスより自由に長さを変えられるのが、スライドチェーンの良いところです。

ネックレスの長さ別の印象

©iStock.com/innered

ひとことでネックレスと言っても、ネックレスには様々な種類があります。

ここで、ネックレスの長さ別の印象やそのネックレスの名称ごとのデザインの特徴についてご紹介していきます。

チョーカー

チョーカーは数あるネックレスの中でもかなり短めで、首から掛けるのではなく首に巻きつけるようなデザインです。

数あるネックレスの中でも最も首回りが狭いネックレスの種類です。

チョーカーには「首を絞める」という語源があり、まるで首を締めているようなデザインになっています。

チェーンタイプのものだけでなく、プレートやワイヤーのようなタイプのものやレース、リボンなど布素材を使ったタイプもメジャーです。

プリンセス

ネックレスと言われてまず思い浮かべる、チェーンタイプのものや小さなジュエリーがあしらわれた上品なデザインのものを「プリンセス」と呼びます。

その由来はそのまま、かつてお姫様が着けていたジュエリーの首飾りとして一般的なデザインをしていることからその名が付きました。

長さはネックレスのストーンがちょうど鎖骨のラインからやや下に位置するものが多いです。

マチネ

マチネはペンダントタイプのネックレスの中でもやや長めのものを指します。

特にペンダントトップが大きめのものにこのデザインのものが多く、ペンダントトップは胸元に提がる形になります。

「マチネ」は元々「昼間のパーティー」を意味するフランス語で、まさに昼間のパーティーで着けられていたことが多いデザインだったことからその名前が付きました。

近年では特にカジュアル系やナチュラル系のファッションで採用されることが多く、シンプルなトップスと相性が良いのがその魅力です。

オペラ

オペラは特に長いネックレスで、首から提げるとその底辺は胸の下あたりの長さになるのがその特徴です。

ペンダントトップが付けられることもありますが、この長さになるとシンプルなデザインが多く、美しいチェーンを重視したデザインが多いです。

オペラはマチネとは対照的に、夜間のパーティで着けられることが多いので「オペラ」という名前が付きました。

基本的にオペラネックレスは非常にチェーンが長くアジャスターを付けずとも頭からかぶるようにして着脱できるので、アジャスターが付いていないデザインのものも珍しくありません。

ロープ

ネックレスの中でも特に長いのがロープです。

「綱」を意味するロープが語源になっていて、その長さは胸下、長いものではウエストラインまで垂れるものもあります。

このタイプのネックレスに付いてもネックレスそのものの存在感が強いのでシンプルなチェーンだけでペンダントトップが付けられていないものも多いです。

また、チェーンタイプのものからレザーやビーズなど、素材でバリエーションが出されており、フォーマルからカジュアルまで様々なシーンで合わせられます。

体型別・おすすめの長さ

©iStock.com/nicoletaionescu

以上のようにネックレスはその種類によって様々なものがありますが、ネックレスはデザインによってその長さが大きく異なるからこそ、見た目の印象も異なります。

そして、体型によって似合うネックレス、似合わないネックレスも存在するので、あなたに合ったネックレスのデザインや長さについても知る必要があります。

首が短くて太い

首が短く太く見えてしまう方の場合、首元をすっきりと見せられるネックレスが相性が良いです。なのでシンプルなデザインのプリンセスタイプのネックレスや、縦のラインを強調できるロープタイプのネックレスが相性が良いです。

チェーンの太さやペンダントトップも、シンプルで細めなものを選ぶと良いでしょう。

首が長くて細い

首が長くて細い方の場合は、その縦の長さを強調しすぎないチョーカータイプのネックレスが相性が良いです。特にチョーカーも、太めなものや大きなモチーフがあしらわれたデザインのものを選ぶことで綺麗に見せられます。

一方で、首が長い分縦の長さを強調するオペラタイプやロープタイプのネックレスはあまり相性が良いとは言えません。

長身

長身な方の場合、すらっとしたプロポーションをより美しく引き立てることができる華奢で上品なプリンセスタイプのネックレスやマチネタイプのネックレスが似合います。

特に、大きなモチーフのネックレスを選ぶことで体を華奢に、すらっと見せることができるので体型をより美しく見せられます。

逆に、シンプルで細身なロープタイプのものは左右のボリュームが少なく体型の細長さだけが際立たされてしまうので避けたほうが無難です。

小柄

一方で小柄な体型の方の場合、コンパクトなシルエットのネックレスを身に着けることで全体的な体型のバランスが良くなります。

なのでシルエットがコンパクトなチョーカータイプやプリンセスタイプのネックレスを選ぶと良いでしょう。

特に、首が細長い方同様大ぶりなデザインのチョーカーを選ぶことで、見る人の視線を上に持ってくることができるので、低身長をうまくカバーすることができます。

逆に、マチネタイプなど縦の長さが強調されるものは逆に小柄であることを強調してしまうので、バランスが悪く見られてしまいます。

長さの調整は修理で簡単に

©iStock.com/Svitlana Romanenko

以上のように、体型によって似合うネックレスは異なりますが、好みのネックレスを見つけたら、似合うかどうかとは別に身に着けたいという気持ちが勝ってしまうのは当然のこと。

それなら、その好みのデザインのネックレスを、修理に出して長さを調整してもらうのがおすすめです。

あなたの体型や骨格に似合うように調節してもらうことで、そのネックレスを身に着けたあなた自身もさらに魅力的に見えます。

RITZ GRANDEのアクセサリー修理では、ネックレスの長さ調節も承られているので、ぜひそちらも利用してみてくださいね。

▼その他修理についてはこちらもチェック▼

【札幌】ピアスの針が取れてしまった場合修理はできる?

【札幌】指輪の修理|お気に入りのアイテムをずっと使えるジュエリーに!

【札幌】ジュエリーの石取れ・石留めの修理|壊れてしまったアクセサリーを蘇らせる!

まとめ

©iStock.com/venusphoto

今回はネックレスの長さ調整についてご覧いただきました。ネックレスの選び方ひとつでファッションの見栄えは大きく変わってきます。

ぜひあなたに似合うネックレスを探してみてくださいね。

 
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:00~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)

ジュエリーをもっと楽しむあなたに

のジュエリーリフォーム

古くなった、趣味にあわない、使いづらい、
サイズが変わったなど、最近出番のないジュエリー。

RITZ GLANDEで
生まれ変わらせます!

無料でご相談はこちらから

リフォーム事例の一部をご紹介!

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930