ダイヤモンドの基礎知識 ラウンドブリリアントカット/4C

誰もが思う『ダイヤモンド』といえば

まばゆい煌めきと圧倒的な存在感。

希少価値があり⾼価なもの。

⽇本では1970年代にデ・ビアス社が

ダイヤモンドの婚約指輪を贈るという習慣を

⾒事に流⾏らせ、定着しました。

ダイヤモンドは今でこそ、宝⽯の王座に君臨し

市場で圧倒的シェアを占めていますが

宝⽯の歴史の中でダイヤモンドが今のような⽴場になったのは

ほんの百数⼗年のことです。

なぜなら、ダイヤモンドは原⽯のままではあまり光りません。

⾊や模様の美しい

ルビー、エメラルド、サファイア、めのうなどの⽅が

昔はずっと宝⽯の中でも優位でした。

それが、研磨技術の向上で世界⼀硬い物質である

ダイヤモンドを研磨する⽅法を⽣み出し、

ダイヤモンドの輝きを最⼤限に発揮させる

『ラウンド・ブリリアント・カット』が発明されました。

ダイヤモンドを研磨できるのは

同じ硬さのダイヤモンドの粉以外ありません。

ダイヤモンドの結晶の中にはより硬い⽅向と

より軟らかい⽅向があります。

ダイヤモンドの粉を使って軟らかい⽅向から研磨すれば

ダイヤモンドも研磨することが可能です。

もし、ダイヤモンドの結晶のなかで硬さがどの⽅向も

同じであればダイヤモンドの粉を使っても研磨できません。

ラウンド・ブリリアント・カットとは

ダイヤモンドの輝きを最⼤限に発揮させるカットのこと。

58⾯、もしくは57⾯の三⾓形または

洋凧形のカット(ファセット)でできている。

上部(クラウン)33⾯、下部(パビリオン)25⾯。

58⾯か57⾯の違いはキューレットの有無です。

キューレットとは下部(パビリオン)尖端にあるファセット。

ダイヤモンドの破損防⽌と、

反射している光の漏れを抑えるためにカットされている。

ダイヤモンドの4C(よんしー)

4C(よんしー)とはダイヤモンドの 

カラット carat(重量)

カラーcolour(⾊)

カット cut(形)

クラリティ clarity(透明度)

の4つのCの頭⽂字をとって、4C(よんしー)といいます。

ダイヤモンドの価値を⽰す国際的な判断基準です。

ひとつずつ紹介していきます。

カラット carat (重量)

1カラットの重さは0.200グラム。

1グラムは5カラットです。

]ダイヤモンドのほかに、宝⽯の⽯の重さは

このカラットを使⽤されており、表記は『ct』

カラー colour (⾊)

 ダイヤモンドは無⾊透明に近いほど、希少性が⾼くなります。

ダイヤモンドのカラーはGIA(⽶国宝⽯学会)が開発した

D〜Zのカラーグレーディングが世界でもっとも幅広く使われており、

業界基準ともなっています。

《ダイヤモンド カラー グレーディング》

D〜F 無⾊

G〜J ほぼ無⾊

K〜M かすかな⻩⾊

N〜R ⾮常に薄い⻩⾊

S〜Z 薄い⻩⾊


とされており、

婚約指輪、結婚指輪のダイヤモンドには

I以上のカラーを使うことがほとんどです。

カット cut (形)

カットはダイヤモンドの美しさに⼈が唯⼀関われる要素です。

標準的なラウンド・ブリリアント・カットはGIAの

カットグレーディングシステムにより、

エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェアー、プアー

の5段階にわけ、評価することができます。

カットグレードは⼀つ⼀つのカット⾯などの形の良さで 決まるのではなく、

総合的な外観や品質を科学的に割り出しています。

クラリティ clarity (透明度)

ダイヤモンドの内部特徴(インクルージョン)と

外部特徴(ブレミッシュ)を11段階で分けています。

内部特徴、外部特徴が多いほどダイヤモンドの透明度は下がり

輝きを損ないます。

内部特徴はインクルージョンの⼤きさ、数、位置などを10倍率拡⼤

という条件で揃えて判断します。

外部特徴はカット傷の有無などで判断します。

《クラリティ グレーディング》

FL(ふろーれす) ⽯の内外ともに無⽋点

IF(あいえふ) 内部無⽋点

VVS1(ぶいぶいえすわん)/VVS2(ぶいぶいえすつー)
10倍拡⼤で発⾒困難な包有物がある

VS1(ぶいえすわん)/VS2(ぶいえすつー)
10倍拡⼤で発⾒がやや困難な包有物がある

SI1(えすあいわん)/SI2(えすあいつー)
10倍拡⼤で発⾒が容易であるが⾁眼では困難な包有物がある

I1(あいわん)/I2(あいつー)/I3(あいすりー)
⾁眼で容易に発⾒できる包有物がある


以上、ダイヤモンドの基礎知識である4Cについて

ご紹介させていただきました。

ダイヤモンドには4Cでは語りきれない美しさやストーリーがあります。

必ずしも、最⾼グレードがすべての⼈にとっての

『いいもの』ではなく、

持つ⼈の思い⼊れや、気に⼊った形、出会いなどにより様々です。

4Cはその⽬安の⼀つにしていただければと思います。

内包物が⼊ってる=悪いもの。

ではなく内包物の⼤きさや位置、形もそれぞれ違います。

それが個性として、唯⼀無⼆のダイヤモンドとして気に⼊ることがあれば

持つ⽅にとっての『最⾼のダイヤモンド』になります。

4Cの基準がすべてだと思わず、

ダイヤモンドを選ぶ際はそのような楽しみ⽅もある。

と思っていただけるとジュエリー選びがもっと楽しくなると思います。

リッツグランデでは、 お客様の

ご希望の4C(カラット carat、カラーcolor、カット cut、クラリティ clarity)

のダイヤモンドをお取り寄せすることも可能です。

指輪やネックレスの⼀部外れて失くしてしまった

⼩さなダイヤモンド(メレダイヤ)なども

ご⽤意し、再度⽯留めすることもできます。

お⾒積もり、ご相談は何度でも無料です。

お電話、メールでのお問い合わせも承っておりますので

お気軽にお問い合わせく ださい。

 

 
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)