翡翠(ヒスイ)のリフォームを解説!特徴や種類も解説

翡翠は石として、また美しい緑色を指す言葉としても浸透していますよね。宝石としての翡翠は、ジュエリーの素材としてはもちろん、パワーストーンとしても有名です。

翡翠を使ったジュエリーやルースを持っている方は、ぜひそれらをリフォームしてみてはいかがでしょうか?

翡翠(ヒスイ)とはどんな石?

まず、翡翠とはどのような石かご存知でしょうか?翡翠はその見た目の美しさはもちろん、秘められたパワーや逸話も存在します。

まずは翡翠に関する基礎知識からおさらいしていきましょう。

翡翠(ヒスイ)の特徴

翡翠は淡く白みがかった緑色の美しい石の一種です。

日本でも古来より重宝されている素材で、特に新潟県糸魚川で発掘された翡翠の垂飾は「世界最古の宝石」とも言われているほどです。勾玉の素材としても広く知られていますね。

特に採掘技術が今ほど高くなかった古代日本・中国では、現在にも増して希少価値の高い石として知られていました。ですので、かつては王族をはじめとした位の高い方であることを象徴する石、位が高い方しか身に付けることができなかった石でした。

そのこともあり、翡翠は現在も成功と繁栄をもたらすパワーが秘められた石としても大切にされています。

近年では採掘技術が発展し、比較的手に入れやすい石になりました。そのことからパワーストーンとしても身に付けやすい石としても人気が高いです。

翡翠(ヒスイ)の効果

そんな翡翠の効果として非常に有名なのが「繁栄」です。古来王族が身に付けていた石ということでも有名なことから、王族のように豊かな人生を送りたい方におすすめです。

まさに人生の様々な方面に効果のある幸運の石で、プレゼントにもぴったりですね。特に近年では、「繁栄」という意味を広く捉え、仕事の成功や家族円満を願って身に付ける方も増えています。

おしゃれで身に付けやすく、さらに願いについても人の幸運を願うものですので、プレゼントにもぴったりですね。

5月の誕生石

翡翠は5月の誕生石としても有名ですね。ただ、同じく5月の誕生石としてエメラルドも有名です。

色味も緑色で共通していることから、同じような物質だと思っている方も多いですが、これらは全くの別物であることは覚えておきましょう。

ただ、どちらも5月生まれの方はもちろん、多くの方に幸運をもたらすパワーが秘められていることは共通しています。手軽にプレゼントとして贈りたいのであれば、比較的リーズナブルな翡翠がおすすめです。

翡翠は身に付ける人を選ばず、ささやかで上品な雰囲気があるので男性にも女性にも人気が高い石。ぜひ5月生まれの方への贈り物としても参考にしてみてくださいね。

▼その他誕生石の情報はこちらをチェック▼

1⽉の誕⽣⽯

12 ⽉の誕⽣⽯

翡翠(ヒスイ)の種類

翡翠の魅力を知る上で、まず知っておきたいことがその種類です。

翡翠には実は大きく分けると2つの種類があり、質感も大きく異なります。

ジェダイト

冒頭で翡翠は「白みがかった緑色の石」と表現しましたが、実はその淡いカラーはジェダイト(硬玉)と呼ばれるものです。

パステルカラーで美しい色味は見た目にも爽やか。特に女性に人気が高く、アメジストや水晶などの他の石との組み合わせも美しいことからパワーストーンとして人気です。

結晶の生成具合によってその美しいグリーンに濃淡が現れるのも素敵ですね。その名前の通り、翡翠の中でも比較的硬度が高いのもその特徴です。

ジェダイトの中でも硬度や精度の高いものほど白っぽく、また鉄分などを多く含んでいるものになると緑色が増します。

ネフライト

ネフライト(柔玉)はジェダイトに比べると比較的硬度が低いのがその特徴です。ジェダイトに比べると硬度が低く、精度もあまり良いとは言えないネフライトは、ジェダイトと比べると安価で取引されています。

特に海外では価格の安いネフライトがジェダイトと偽られて販売されているところもあるので気をつけましょう。

実際に値段で見てもネフライトの方が安価ではありますが、例外として透明度の高い羊脂玉だけは非常に高値で取引されています。ですが、ネフライト自体に全く価値がないのかと言うとそうではありません。

ネフライトは硬度が低く加工しやすいことから、翡翠を使った彫刻や複雑な造形を作りたい場合に重宝されています。

翡翠(ヒスイ)の7色カラー

以上のように、翡翠には大きく分けると2つの種類があります。特に日本で広く流通されている質の高い翡翠のアクセサリーは、ジェダイトが使われているものが多いです。

そのジェダイトですが、前述通り精度によって色が全く異なります。翡翠といえば緑色、というイメージを持っている方が多いですが、そのほかにも色味は様々。

その多彩なカラーは緑色を含めて7色存在し、その色ごとにも込められているパワーや色が異なり理由が存在します。緑色以外の翡翠の特徴についても簡単にご覧ください。

ブルー翡翠

紺色のような深みのある青色が特徴のブルー翡翠ですが、ブルー翡翠は純粋な翡翠にチタン、鉄等が不純物として混合しています。その電荷移動の影響で、生成の際に深みのある青色に。

その美しく、シックな青色から、特にリラックス効果の高い石として人気があります。日々の仕事や生活で忙しく、癒しを求めている方にオススメしたい翡翠のカラーです。

レッド翡翠

レッド翡翠は酸化鉄が配合したことにより、赤みのあるカラーが出来上がるとされています。その配合の配分によってはオレンジ色のように見えるものもあり、炎のような真っ赤な色味から力強さが感じられます。

その見た目の印象同様、レッド翡翠は特にエネルギーが欲しい方、疲れている方にオススメしたい翡翠です。

エネルギッシュに仕事に生活に邁進できる翡翠としてのパワーが込められています。

ラベンダー翡翠

淡いラベンダーカラーの翡翠も非常に美しいです。特に近年人気の高いラベンダー翡翠は、翡翠の中にマンガンが混合したことで出来上がります。

女性にも人気な優しい上品なカラーから、パワーストーンとしてあえて緑ではなくラベンダーを選ぶ方も多いほど。

ラベンダー翡翠は日々の人間関係で疲れた心や精神を癒す効果があるとされています。特に対人運、恋愛運にパワーが強い翡翠としてオススメです。

イエロー翡翠

イエロー翡翠は、まるで黄金のような美しさのある非常に高級感のある翡翠です。こちらもレッド翡翠と同様、酸化鉄が不純物として配合することで美しい黄色に仕上がります。

その酸化鉄の量によって、イエロー、オレンジ、レッドと様々なカラーに変わっていくのがその魅力です。

イエロー翡翠は特に優しい黄色から思わせるような、穏やかで仕事にも私生活にも邁進できる精神力を養います。

ブラック翡翠

ブラック翡翠は透明感がありながら、深みのある黒色がなんともミステリアスな翡翠です。美しい黒色は、男性でも身に付けやすいカラーですよね。

黒色の翡翠が出来上がる理由は地層内のグラファイトが不純物として混合することが理由です。それにより、自然の深みのある黒色が魅力的な翡翠が出来上がります。

このミステリアスな黒色は人の想像力を養うことで人気があります。仕事や趣味、熱中していることをさらに成功させたい方にオススメの翡翠です。

ホワイト翡翠

実は、翡翠はもともと透明、または白っぽい石で、そこに不純物が混ざることで様々な色味に変化します。

大抵の翡翠は生成中に何らかの不純物が混ざってしまうことが多いのですが、中には不純物が混ざらず真っ白な翡翠が出来上がる場合もあります。それがホワイト翡翠です。

ホワイト翡翠は不純物が一切入っていないことから、「純粋」「究極」を意味する石として知られています。まっさらで力強いパワーを授かりたい方にぴったりな翡翠だと言えます。

通常の緑色の翡翠

ところで、定番の緑色の翡翠はどのように出来上がるかご存知でしょうか。緑色の翡翠は2パターンの出来上がり方があります。

特に鮮やかで明るい緑色の場合はクロムと鉄が混ざっており、こちらが最も一般的です。ですが、中には純度が低下することで、ダークグリーンの翡翠が出来上がり、こちらをオンファス輝石と呼びます。

その美しい緑色の翡翠についてもぜひ注目してみてくださいね。

翡翠(ヒスイ)を使ってジュエリーリフォームをしたい

以上のように、翡翠には非常に強力なパワーが込められており、その種類も様々存在することがわかりました。

翡翠は日本でもおなじみの宝石で、家族から譲り受けたものやプレゼントとしていただいた翡翠を持っている方も多いのではないでしょうか?ここで実際に、翡翠を使ったアクセサリーのリフォームについて知っていきましょう。

お持ちの翡翠(ヒスイ)ジュエリーでリフォーム

ペンダントやリング、ブローチなど、翡翠は国内でも採掘されることが多い宝石ということもあり、古くから愛されています。

そのことから、母親や祖父母から翡翠をあしらったジュエリーを譲り受けた方も多いかもしれません。特に古いジュエリーは美しいものも多いですが、日常的には身に付けにくいものが多いですよね。

けれど、大切なジュエリーだからこそ普段から身に付けられる形にしたい。その場合は、普段から身に付けやすい形にリフォームしてしまいましょう。

リングやブローチをペンダントトップにリフォームしたり、バングルにしたりとそのリフォーム方法は様々。ジュエリーリフォームでは自由にデザインも指定することができるので、おしゃれで身に付けやすい形に変えることができます。

小粒の翡翠であれば、ピアスやイヤリングにリフォームするのも素敵ですね。

翡翠(ヒスイ)の宝石からリフォーム

特に翡翠はパワーストーンとしてルースのまま保管している方も多いです。5月生まれの方は、ルースの翡翠をプレゼントとしていただいたことがある方もいるかもしれません。

それら翡翠のルースを持っているのであれば、さらに翡翠のアクセサリーリフォームの自由度は広がります。

アクセサリーを制作する時に使用する金属についても指定できるので、より好みで理想的なアクセサリーが出来上がりますよ。また、手持ちのプラチナやゴールドのアクセサリーがあるのであれば、それらを一緒に出すことで、材料コストを抑えることもできます。

大切な翡翠を、身に付けられる形に生まれ変わらせましょう。

どんなアイテムにリフォームする?

それでは、翡翠はどのようなアクセサリーにリフォームするのが良いのでしょうか?ここで、実際のリフォームアイデアについていくつかご紹介していきます。

素敵な翡翠のアクセサリーをリフォームで手に入れましょう。

指輪

翡翠を主体としたリングはシンプルなデザインではあるものの、上品で大人っぽい雰囲気が出ます。特に翡翠は輝きが柔らかく、石が大きめでもゴージャス過ぎない仕上がりになるのが魅力です。

大ぶりのリングにするのはもちろん、小さめの翡翠をライン状に配置するのも素敵です。

ネックレス

ネックレスやペンダントトップとして翡翠をリフォームするのも定番です。シンプルなドロップ型の翡翠のペンダントトップはもちろん、クローバーや月をイメージさせるモチーフに組み込むのも素敵ですね。

好みのモチーフと手持ちの翡翠を組み合わせることができるので、多くの女性に人気が高いです。

ピアス・イヤリング

小ぶりな翡翠の粒が複数個あるのであれば、ピアスやイヤリングにリフォームするのも素敵です。小粒な翡翠が揺れるピアスやイヤリングは華やかで日常的にも身に付けやすいです。

翡翠を使っているということもあり上品な大人っぽさがあり、年齢を選ばず身に付けられるのもその魅力ですね。シンプルなドロップ型はもちろん、フラワーモチーフなどお気に入りのデザインに取り入れるのもおすすめです。

ブレスレット

ブレスレットについても見逃せません。ブレスレットは年々人気が高まっているアクセサリーで、華奢なチェーンタイプはもちろんバングルタイプもおすすめです。

小粒な翡翠をあしらったチェーンタイプのブレスレットは若い女性にも人気で、腕時計と重ね付けできるのも良いところです。

また、バングルタイプの場合は金属のプレートに翡翠を埋め込んでしまうデザインも近年人気が高いです。

▼アイテム別リフォームはこちらもチェック▼

〜ジュエリーリフォーム・リメイク〜ピアスからイヤリング、イヤリングからピアス

ネックレスのリフォーム・リメイク|婚約指輪や古いジュエリーが生まれ変わる!

【札幌】形見の指輪をリフォーム|一生身に着けられるデザインにリフォームしませんか?

 

まとめ

今回は翡翠の魅力、そして翡翠を使ったアクセサリーリフォームの魅力についてご紹介してきました。翡翠は老若男女から愛されている非常に歴史が古い宝石の一種です。持っている方も多く、そこには様々な願いがパワーが込められています。

もし翡翠のアクセサリーがあるけれどジュエリーボックスの奥にしまい込んでいる方がいましたら、一度取り出してみてください。

そして、普段使いできる素敵なアクセサリーに生まれ変わらせたい方は、ぜひリフォームを検討してみてくださいね。

 
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)
2022年10月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31