ブレスレット・バングルの修理方法を解説!お気に入りのアクセサリーを綺麗に

お気に入りのブレスレットやバングル、壊れてしまってそのままになってはいませんか?修復不可能かな、と思われていたものも、修理で綺麗に蘇るかもしれません。

修理ではなくリフォームをするのも一つの手段です。お気に入りのアクセサリーを再び生かすために、当記事で詳しく見ていきましょう。

壊れてしまったブレスレット・バングルの修理は出来る?

壊れてしまったブレスレットやバングル、諦めて捨ててしまうにはもったいないものですね。修理して新品に近い状態にリニューアルすることができます。

ブレスレットのチェーンが切れてしまったり部品が取れてしまったり。またサイズが変わって装着できなくなってしまうこともありますね。譲り受けたアクセサリーでサイズが違うという場合もあるでしょう。

ブレスレット・バングルの修理にはどのような種類があるのか確認してみましょう。修理ができない例もあるのでチェックが必要です。

また、修理を断られてしまったブレスレットやバングルでも、ジュエリーのみを再利用して別の新しいアクセサリーにリフォームすることも可能です。その例や予算も見ていきましょう。

ブレスレット修理の種類

まずはブレスレットの修理について、どのような種類があるのか確認していきます。以下のような修理で、壊れていたブレスレットも新品同様のクオリティに蘇らせることができます。

チェーン切れ

よくある修理例が、ブレスレットのチェーンが切れてしまったというもの。あずきチェーンやボールチェーン、ベネチアンチェーンなどチェーンの形状はさまざまありますが、レーザー溶接によって修理することができます。

バーナーの火でもチェーンは繋がりますが、金属のかたまりや継ぎ目が見えてしまい綺麗に仕上がりません。自分でも直せそう、と思えるようなブレスレットのチェーン切れもあるかもしれませんが、プロにおまかせすることで、買ったばかりのようなクオリティに仕上がります。

ルレートや丸カンの交換

引き輪やプレート、丸カンなどブレスレットのパーツが取れてしまうこともあります。また、部品が劣化して装着しにくくなるケースもありますね。

引き輪、プレート、丸カンの交換も修理として行うことができます。取れたパーツが手元に残っていれば繋ぐ修理も可能ですし、落としたりなくしてしまった場合でも、そのブレスレットの素材や色、形が合うものを取り付ける形で修理が可能です。

長さ調節

ブレスレットを短くしたり長くしたり。長さ調節もできます。短くする場合はチェーンを切って繋げる方法か、後述するアジャスターを取り付ける方法で対応できます。

長くする場合は同じ素材、デザインのチェーンを繋げる方法か、目が粗めのチェーンを取り付ける方法で対応します。

アジャスター

アジャスターが壊れてしまった場合でも修理可能です。そのブレスレットに適した素材や色でアジャスターを取り付けます。また、長さ調節のためにアジャスター機能のある金具を取り付けて、適した太さに調節できるよう修理する例もあります。

磨きで新品仕上げに

長年使っていて宝石の輝きがくすんでしまうこともありますね。上記の修理をした場合も、追加で仕上げにブレスレットのジュエリーを磨き上げ、新品同様の輝きにすることができます。

買ったときよりも見え方がいまいち、という場合も、磨きによって輝きを取り戻せます。さらに長く愛用できるブレスレットに生まれ変わりますよ。

バングル修理の種類

次にバングルの修理を見ていきます。壊れ方が激しいと、もう無理なのではないかと諦めてしまいそうなバングル。ですが新品と変わらないクオリティで直すことが可能です。

パーツ取れ

バングルのモチーフなど、パーツが取れてしまう破損例がよくあります。ただ付け直すだけでは綺麗に仕上がらないものもあるので、ここはプロにおまかせしたいところです。

金属同士を再び付けるために、プロの職人がレーザー溶接で修理します。状態によっては時間を要したり、接続部分がなめらかに仕上がりにくいものもあります。

折れてしまった

細いバングルが折れてしまうケースも多く見受けられます。ロー付けをした後にレーザー溶接で修理することができます。サイズが細めのバングルを着けている場合や、腕に使用するものを足首に使用している場合、同じ箇所に力が加わって折れてしまいやすいです。

修理してもまた同じように力が加わり続けると再び破損してしまう恐れがあるので、気をつけたいところです。

留め具の故障

留め具が故障し、着け外しができなくなってしまう破損例もあります。部品が手元に残っている場合もあれば、外出先などで故障が起こりパーツを紛失している場合もあります。

留め具の故障も、レーザー溶接等で対応できるケースがあります。また、部品がなくなっている場合はその部分を再制作して対応するケースもあります。また、ネジで留めるタイプのバングルも修理が可能です。長年の使用によりネジ穴が広がってしまい、装着がしにくくなることがあります。

レアなケースでも臨機応変に対応が可能な破損例もあるので、留め具の不具合が出たらまずは相談してみてください。

亀裂

バングルに亀裂やひび割れが入ってしまうこともあります。また、すでに他店で修理した箇所が弱まり、亀裂が入るケースもあります。このまま使用し続けると折れてしまう可能性が高いです。

バングルの内側に補強板を溶接する形で補強し、修理します。プロの職人ならなめらかな仕上がりで、丈夫になったバングルを愛用し続けられます。

ゆがみ

バングルにゆがみが生じることもあります。取り外しの際に力が加わり、斜めにゆがんでしまうケースは多いです。ゆがみを自分で直そうとして手で曲げていたら金属疲労により折れてしまった、という例もあるので、ゆがみが気になった場合も修理に出すことをおすすめします。

ゆがみを修理してもまたすぐにゆがんでしまう場合は、サイズが合っておらず毎回の装着時に強い力が加わりやすいのかもしれません。後述するリフォームを考えてみても良さそうです。

▼ジュエリーの修理はこちらもチェック▼

万が一破損しても安心!ジュエリー修理の流れを解説

ジュエリー・アクセサリーの修理とは︖ その種類、どこでやればいいか、費⽤ 相場などを解説

修理が断られてしまう可能性があるもの

ブレスレットやバングルの修理を依頼してみたものの、断られてしまうケースもあります。修理しても元の状態に戻る可能性が低いものや、修理の手立てがない破損の仕方をしている場合もあります。

以下のような例は修理が非常に困難で、断られてしまう可能性が高いです。後述するリフォームを検討してみましょう。

壊れたパーツの一部がない

壊れたパーツの一部を紛失しているパターンは、修理が難しいです。特別な素材を使用していて入手困難な場合や、元のモチーフに修復できない場合は、修理をお断りされてしまう可能性が高いです。

引き輪や丸カンなどの留め具のパーツを交換するだけで済むものは修理可能ですが、別の金属を使用することで魅力や価値が下がってしまうものは修理が困難です。

また、バングルのモチーフの一部で、壊れたパーツがないのは致命的になります。元のものに近い状態に戻すのがほぼ不可能といえます。

ひどく破損している場合

破損状態がひどい場合も、修理できないケースがあります。修復不可能と判断されたものは着手できません。

また、着手後に修理が不可能だと判断されるブレスレットやバングルもあります。複雑に破損している場合でも見積もりが無料なら相談してみる価値はあるかもしれませんが、対応できないケースもあるのでご了承ください。

デザインが分からないもの

元のデザインが分からないブレスレットやバングルは、修理が不可能です。モチーフを破損し紛失していて修復が不可能なケースがあるのは前述のとおりです。

複雑な彫りが入っているモチーフやバングル本体を破損してしまった場合も、元のデザインにするのは困難です。また、もらったものや何年も前に破損したアイテムで、依頼者の方がデザインを覚えておらず修理が不可能になるケースもあります。

複雑なデザイン部分が壊れてしまい、リメイクする形での修理を希望される方もいますが、お断りしている業者もあります。

製作者の元の意図を損ねる形となりますし、持ち主にとってもやはりこれではしっくりこない、とがっかりされてしまうケースもあり、それを避けるためです。

文字や模様などの彫刻を継ぐ形でリメイクしたり、石留めのデザインイメージのみを改変したりといったリメイクはお断りされてしまうかもしれません。また、市販の部材を取り付けることで元のデザインが改悪されてしまうような修理方法もお断りしている業者もいますので、留意しておきたいポイントです。

素材刻印のないバングル

素材刻印のないバングルは、修復の際にどの金属を使用していいのかが不明なため、修理に対応できない場合があります。持ち主がはっきりと素材の金属を知っていれば修理可能かもしれませんが、かなりレアなケースでしょう。

折れた場合だけでなく亀裂修理の場合も、素材刻印のないバングルは対応が不可となります。また、石付きのバングルが折れた場合や亀裂が生じた場合も、同じ素材で対応することが極めて困難なため、修理をお断りされてしまいます。

修理が出来ないものはリフォームを!

壊れたブレスレットやバングルの修理ができなかった、と落ち込むのはまだ早いです。修理に対応していないアイテムも、元は高価だったもの。捨ててしまうのはもったいないですね。

修理が出来ないアクセサリーはリフォームで生まれ変わらせるという方法があります。ブレスレットやバングルに使用されている宝石を使って、別のデザインのブレスレットやバングルにリフォームすることならできます。

また、同様に宝石を再利用する形で、指輪やネックレス、ブローチなど別のジュエリーアイテムにリフォームするという方法も取ることができますよ。貴金属部分を下取りに出してリフォーム費用に充てられる場合もあるので、比較的リーズナブルに新しいアイテムを手に入れることができる手段でもあります。

ジュエリーリフォームにはさまざまな例がありますし、オリジナルなアイテムを作ることができるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

▼ブレスレット・バングルのリフォームはこちらをチェック▼

ブレスレット・バングルのリフォーム|ジュエリーの生まれ変わりアイディア集

修理の流れ

まずはご来店の上、相談していただけると幸いです。10分から30分の所要時間で、お持ちのジュエリーやアクセサリーの状態やご希望をお聞きします。

ジュエリーやアクセサリーの実際の状態を見させていただき、修理する内容について確認いたします。他店でご購入されたジュエリーにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

その場でお見積もりもさせていただき、修理内容や金額について丁寧に説明いたします。なお、ご相談とお見積もりは無料にて対応いたしております。内容やお値段に納得していただけましたら、現品の写真を撮影した上でジュエリー・アクセサリーをお預かりします。

修理は3営業日後に完了し、お渡しすることができます。お急ぎの場合は当日お渡しにも対応しておりますが、状況によってはお日にちをいただくこともございます。専門スタッフの厳重な検品の上で納品させていただきます。

ジュエリーリフォームの場合は、最大で6週間ほどお時間をいただくことがございます。見積もりの際に詳しくご説明いたします。

まとめ

壊れてしまったブレスレットやバングルも、修理で新品同様に蘇ります。破損の状態によっては修理が不可能なこともありますが、ジュエリーリフォームという形で新しく蘇らせるのも選択肢の一つです。

お手持ちのブレスレットやバングルで不具合があったり、眠らせているものがあれば、ぜひ修理やリフォームを検討してみてください。

 
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)
2022年10月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31