【札幌】ネックレスの修理|チェーンが切れたネックレスは元通りになります!

チェーンが切れたネックレスや部品が壊れたネックレス。自分で直そうと思いつつもそのまましまい込んでいてはもったいないです。プロの修理で元通りになりますよ。修理の例や流れを説明いたします。

切れてしまったネックレスの修理は出来る?

チェーンが切れてしまったネックレス。当然ながら出番がなく、ジュエリーボックスやタンスの中にしまったままにしてはいませんか?

切れてしまったネックレスも、それほど高くない価格で元通りに修理できます。新しいものを購入するよりはずっとお得に、新品だったころの輝きを取り戻せますよ。

ジュエリーとしては今も劣らず輝きを放っているのに、チェーンが切れてしまったというだけで出番がなくなり、いずれ捨てられてしまうのではもったいないものです。

切れたネックレスの修理は、主に以下の2種類があります。お持ちのネックレスに以下のような品があれば、ぜひ修理に出して蘇らせてください。

チェーン切れ

あずきチェーンやボールチェーン、ベネチアンチェーンなど、ネックレスのチェーンの種類はいくつかあります。金属でできているネックレスのチェーンは壊れてしまうと一般の方の手ではそうそう直せるものではありませんよね。

どのタイプのチェーンが切れた場合でも、レーザー溶接機によるロー付けで修理が可能です。レーザー溶接機なら、金属のかたまりや継ぎ目の跡を残さず、表面がきれいな状態でチェーンを元通りにすることができます。

チェーンの太さや形状によって修理代金が変化する場合があるので、見積もりの際に確認しましょう。

丸カンから外れてしまった

※丸カンとは金具やパーツを繋げる際のつなぎの役目をする、丸型の金具のことを指します。(画像のチェーン部分とプレート部分をつないでいる金具)

ネックレスのチェーンが丸カンから外れてしまうのも、よくある破損の一種です。一般の方でも工具で取り付けられそう、と思って修理がうまくいかなかったり、そのままになっていたりする例もあります。

丸カンからチェーンが外れてしまったケースでも、レーザー溶接機でロー付けを行って再度固定します。プロの技術で直すことで、壊れにくい状態にできます。

丸カンから外れて丸カンを紛失してしまった、パーツがなくなってしまったなどの修理例は以下で説明しますのでそちらをご覧ください。

ネックレスのその他の修理

チェーン切れ、マルカン外れ以外にも、以下のような例でネックレスの修理が可能です。「壊れてしまってもう無理かも」と決めてしまわずに、修理を検討してみてください。

パーツが壊れてしまった

マルカンが破損したり、ネックレスのモチーフなどのパーツが割れたり。これらも修理で直すことができます。

引き輪やプレートがなくなった場合は、新しいものを取り付ける形での修理が可能です。モチーフの修理で、元のデザインに戻せないと判断された場合は修理を断られてしまう場合があります。その際は後述するリフォームを検討してみるのも一つの手です。

切れてしまったロングネックレスを2本に

切れてしまったロングネックレスを、この際2本に分けてしまおうという修理例もあります。同じ長さに2本に分ければ首元をスマートに飾るシンプルなネックレスになります。細いものと太いものに分けてブレスレットとネックレスにしてもいいですね。

2本のネックレスにすることで親子や姉妹、お友達とお揃いで楽しむこともできますし、スペアとして置いておくのにも使えます。

部分紛失の修理

ネックレスのチェーンが切れたり、パーツを破損したりすることで、ネックレスの一部を紛失してしまうことがあります。紛失部分を修理することも可能です。

元のネックレスの金属の種類に合わせて紛失部分を作ることもできますし、用意してあるパーツの中から合うものを選んで取り付ける方法もあります。紛失した部分によっては修理が不可能な場合もありますが、リフォームで蘇らせることも可能です。

その他、長年の愛用でネックレスの色がくすんできた際の新品仕上げや、輝きを長持ちさせるためのメッキ加工などもネックレスの修理として行われています。

▼ジュエリー修理についてはこちらもチェック▼

ジュエリー・アクセサリーの修理とは︖ その種類、どこでやればいいか、費⽤ 相場などを解説

万が一破損しても安心!ジュエリー修理の流れを解説

修理が出来ないものはリフォームやチェーン交換を

ネックレスの状態や破損の仕方によっては、修理が不可能なものもあります。破損が著しい場合や、レアな金属を使用していてなくしたパーツの代わりとなるものを用意できない場合などは修理が困難です。

ネックレスのモチーフを修理する際に元のデザインが不明な場合や、元のデザインに戻すことが困難な場合は、修理という形では断られてしまうケースもあります。

もし修理を断られてしまっても、諦めるのはまだ早いです。チェーン交換やジュエリーリフォームの形で再生させられるかどうか考えてみましょう。金属の素材の問題でチェーンを修理できない場合は、チェーン交換で対応できる可能性があります。

ネックレスに使われている宝石を再利用する形でジュエリーリフォームをするのも一つの方法です。新たなデザインでネックレスを作ることも可能ですし、同じ宝石を指輪やブレスレット、ピアスなどに転用して別のアイテムを作ることも可能です。

その際に、使わない貴金属部分を下取りに出して、ジュエリーリフォームの費用に充てられる場合もあります。

別のジュエリーアイテムを改めて購入するよりもお得な値段で、新しいアイテムを手に入れられるチャンスになります。修理を断られても、諦めてネックレスをしまい込んだり捨てたりはせず、これらの方法を検討してみてはいかがでしょうか。

修理の流れ

平日土日祝ともに10時30分から19時まで、お電話でのお問い合わせを承っております。まずはご来店の予約をいただいた後、修理をご希望のネックレスをお持ちの上でご来店ください。

お見積もり相談からお帰りまでの所要時間の目安は10分から30分です。ジュエリーの状態を見させていただき、修理内容を確認いたします。

その後、修理内容とともにお見積もりをお伝えいたします。ご相談やお見積もりは何度でも無料です。

修理内容とお値段、注意点にご納得いただけましたら、ネックレス現品の写真を撮影した上でお預かりし、修理に入らせていただきます。

専門スタッフが検品の上、修理のお品物は3営業日後にお渡し可能となります。

お急ぎの際は当日お渡しが可能な場合もございますのでご相談ください。

リッツグランデの修理費や納品日数

当店では、お客様に満足していただける技術や費用を積極的に提供しております。通常のデパートでの修理価格の約3分の1のお値段で承らせていただいております。また、納品日数に関しましても、3営業日後~とかなり短い期間での修理完了に努めております

納期を最短にする「特急料金」のメニューもご用意しておりますので、ご相談ください。

また、当店はLINEなどを利用して見積りなど対応可能ですのでまずはお気軽にお問い合わせください!

まとめ

チェーンの切れたネックレスや、マルカンの外れてしまったネックレスは、プロの修理で新品のように元通りになります。パーツが壊れたり紛失したりしたものも修理できる可能性があります。

修理できないネックレスだった場合も、チェーン交換やジュエリーリフォームで蘇らせることが可能です。壊れたネックレスを再び生かしてみてはいかがでしょうか。

 
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)
2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930