3月生まれの誕生石を紹介|ジュエリーとして身に着けて幸せ効果を

誕生石とは?

誕生石は、1月から12月までそれぞれの月にちなんだ宝石のことを示しています。元々はポーランドで作られた誕生石ですが、1912年にアメリカで統一され、世界中に広まりました。

自分が生まれた月の誕生石を持ったり身につけることで、宝石からのご加護があると言われています。また、誕生石だけでなく「1月1日生まれは〇〇」のように生まれた月日にちなんだ宝石も存在しています。

3月生まれの人はこんな人

では、まず3月生まれの方はどのような方が多いのでしょうか?徐々に冬の厳しい寒さが緩まり、暖かい春の風が吹き込む3月は、人々にとっては「変化の月」でもあります。

そんな3月生まれの方は、穏やかで社交的。変化の季節を表したような、人付き合いが得意で順応性が高い、頭の回転が速い方が多いと言われています。どんな変化も受け入れるとともに、その中で自分の理想や目標を達成するためにどう行動すべきか、考える力、決断する力に優れている方も多いです。

そのことから、自己主張が強く頑固な一面もあるようなので、常に周囲に目を配ることを意識すると、多くの方に慕われる人物となる方も多いです。

3月の誕生石「アクアマリン」

3月の誕生石は「アクアマリン」です。アクアマリンは美しい水色〜白の宝石で、まるで海や水を連想させるような美しさがあります。

まるで3月の澄んだ美しい青空をイメージさせるような色でもありますね。

石言葉

アクアマリンの石言葉は「冷静」「聡明」です。淡い水色は、人の気持ちを穏やかに、また神経が研ぎ澄まされるような心持ちにさせてくれます。

つい何かに集中してしまうと周囲が見えなくなってしまう、3月生まれの方に冷静さをもたらす、そんな効果もあるとされています。まさに3月生まれの方にぴったりな石であることがわかります。

また、美しいアクアマリンは、「永遠」という意味も込められていて、永遠の愛を誓うため、カップルのペアアクセサリーのモチーフとしても、アクアマリンが使われることが多いです。

綺麗な水色は男性女性ともに身に付けやすい色ですので、ペアアクセサリーのモチーフとしてもぴったりですね。

種類

アクアマリンは通常、淡い水色の結晶状の石をイメージする方が多いです。そのイメージは間違いではありませんが、実はアクアマリンには他にも様々なカラー、質感のものが存在します。

・アクアマリン・キャッツアイ:猫の目のような縦状の光沢が現れ、希少価値は高い
・ミルキー・アクアマリン:白みがかったアクアマリンで、パワーストーンの材料としても 使用される
・サンタマリア・アクアマリン:透明感が強く、濃い青色のアクアマリンで、最も希少価値が高い

通常のアクアマリン以外の種類として、以上の3つの知名度が高いです。どれも美しい水色であることは共通していますが、その質感が大きく異なることがわかります。

また、「ピンクアクアマリン」と呼ばれる、鉱物としてはアクアマリンと共通しているものの、淡い桃色をした鉱物も存在します。

こちらについては現在は「モルガナイト」と呼ばれており、ピンクアクアマリンはあくまでも別名、過去の呼ばれ方という位置付けとなっています。

特徴

アクアマリンの特徴は、その海のような美しい水色です。ベリルという結晶の中に、鉄分が混ざることで青みがかったアクアマリンが出来上がります。地中でじっくりと成長した美しいアクアマリンは、その美しさから世界中の愛好家から愛されています。

また、青色が濃ければ濃いほど美しく、希少価値が高いと言われています。青みは加熱処理で濃くなりますが、これはあくまでも一定の条件下でのようです。

ただ熱を加えるだけでは退色の原因になってしまうので、保管時は高すぎる気温のもとで放置しすぎないよう気をつけましょう。

効果

アクアマリンはパワーストーンとしても重宝されています。そのアクアマリンの効果として「魅力」「実現」「健康」など、様々な効果があります。淡い水色は、その人の心身に安らぎを与え、その人の魅力や才能を最大限に引き出すとされています。

そのことから、ビジネスの成功を願うパワーストーンの素材としても、アクアマリンが使われることが多いです。3月生まれの方への贈り物としてはもちろん、仕事にプライベートに邁進する男性女性への贈り物としてもぴったりです。

▼その他の誕生石はこちらもチェック▼

12 ⽉の誕⽣⽯

1⽉の誕⽣⽯

アクアマリン以外の誕生石

3月の誕生石と言えばアクアマリンですが、実はアクアマリン以外にも3月の誕生石として定められているものが存在します。

その誕生石というのが、珊瑚(コーラル)です。意味や効果についても合わせてご紹介していきます。

珊瑚(コーラル)

珊瑚は、日本に誕生石の文化がやってきた際、日本版の誕生石として3月に定められました。

海から採れる珊瑚の美しさは、特に日本産のものが世界中から高く評価されています。磨き上げることで美しい光沢を見せる珊瑚ですが、海中で長く、じっくりと成長してきたことから、その意味は「長寿」です。

特にアクアマリンと比べると、比較的リーズナブルな宝石ということもあり、3月生まれの方へのプレゼントで贈りやすいジュエリーとしても人気です。透明感の少ない珊瑚は、大人っぽい雰囲気もあることから、年齢層の高い方、また男性でも身に付けやすいのもその魅力ですね。

 

星座石

星座石とは誕生石のように、12の星座にもそれぞれ守護石があるのです。3月にはうお座のほかに牡羊座がありますね。牡羊座が持つ星座石は「ルビー」「ダイヤモンド」「ガーネット」です。

ルビーは行動力を高め、力と情熱を与えてくれる石、ダイヤモンドは精神状態を保ってくれる石、ガーネットは努力を実らせてくれる石と言われています。

星座石が3つあるので、今の自分に必要な石を選ぶといいでしょう。誕生石と一緒に星座石のことも覚えておきたいですね。

まとめ

今回は3月生まれの方の誕生石についてご紹介してきました。3月生まれの方は非常に頭の回転が早く、社交的で周囲から愛される方が多いです。

その魅力をさらに高めてくれる誕生石がアクアマリン、そして珊瑚です。また、誕生石とは別の星座石。これらを身に着けることで、さらに幸運を呼び寄せましょう。

 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)