クンツァイトを徹底解説|愛のエネルギー溢れる宝石の魅力

クンツァイトの特徴

クンツァイトはやや紫がかったピンクライラックカラーが特徴です。クンツァイトの正式な鉱物名は「スポジュメン」で、ライラックカラーのものを特に「クンツァイト」と呼びます。

クンツァイトは燐光性と多色性の2つの特徴を兼ね備えています。これは紫外線をあててから暗い場所に持っていくと光る特性と、角度によって見える色合いが変わる特性です。

不透明のクンツァイトはパワーストーンとして流通します。しかし透明度が高く多色性の強いものは宝石としての価値が高く、色あいを引き出すように美しく繊細にカットされたクンツァイトは高い値段で取引されています。

クンツァイトの歴史

クンツァイトはスポジュメンの一種ですが、ピンクライラックのスポジュメンが見つかる前に黄色やグリーンカラーのスポジュメンはすでに見つかっていました。

それぞれ違う名前がついているのですが、ピンクライラックの鉱石は1902年にアメリカのカリフォルニアで発見され、ティファニーの鑑定士ジョージ・フレデリック・クンツの名前から「クンツァイト」と名づけられました。

無色や黄色がかったスポジュメンは、あまり価値が認められず、クンツァイトの発見までスポジュメンに注目が集まることはありませんでしたが、クンツァイトは価値のある宝石として愛好家から支持を得ることになりました。

クンツァイトの種類

クンツァイトは淡いライラックカラーをしています。クンツァイトはスポジュメン(リシア輝石)という鉱物なのですが、スポジュメンは石の色によってそれぞれ違う名前が付けられている面白い宝石です。

ヒデナイト

ヒデナイトはグリーンカラーが美しいスポジュメンです。ヒデナイトのグリーンカラーは内包物のクロムによるもので、スポジュメンの主成分アルミニウムがクロムに変わるとこのように緑色に発色します。

1879年にアメリカで発見されたのですが、発掘者のウイリアム・アール・ヒデンから名前をとってヒデナイトと名前がつけられました。

ミントクンツァイト(グリーン・スポジュメン)

ミントクンツァイト、もしくはグリーン・スポジュメンは緑色のスポジュメン(リシア輝石)なのですが、ヒデナイトとは区別されています。

ヒデナイトの緑成分はクロムによるものなのですが、ミントクンツァイトはクロムではなく鉄分によって緑色に発色しているからです。緑色の発色具合もヒデナイトよりも淡い傾向にあります。

ただし市場ではミントクンツァイトも「ヒデナイト」として流通していることもしばしばあります。この2つは厳密には区別されているものの、混同されていることも多いのです。

トリフェーン(イエロークンツァイト)

スポジュメン(リシア輝石)の中でも、色あいがイエローのものは「トリフェーン」と区別して呼ばれます。クンツァイトはマンガン、ヒデナイトはクロムによって色が変わりますが、トリフェーンに関してはいまだに発色の起因が解明されていません。

トリフェーンはアフガニスタンやマダガスカルで採掘されています。またオレンジ色など違う色ののスポジュメンもありますが、これは人口処理されたスポジュメンだと思って間違いないでしょう。

ルチルクンツァイト

ルチルクンツァイトは、ルチルという針状の鉱物が内包されたクンツァイトです。淡いライラックカラーの石にルチルが入るとまるで流星群のように、独特の風合いを見せてくれます。

クンツァイトの効果

クンツァイトには、とても暖かで穏やかなパワーが秘められています。クンツァイトの成分の1つリチウムはその昔、精神病治療に役立てられていた経緯があるくらいです。

では、優しいヒーリングパワーに満ちているクンツァイトには具体的にどのような効果があるのか紹介していきましょう。

気持ちを穏やかに静めてくれる

柔らかいライラックカラーのクンツァイトには、人の心を穏やかにするヒーリング効果があります。どうしても人の欠点ばかりが目について、イライラしたり否定的になってしまったりということはどんな人にもあるのではないでしょうか?

しかしクンツァイトはそんなとげとげしい心を落ち着かせ、ゆったりとした気分にさせてくれる宝石です。クンツァイトを身に着けると、自然に人の良いところばかり気づくようになるため、とても良いエネルギーがあなたの周りを循環するようになります。

恋愛のトラウマから解放される

過去に恋愛で傷ついたことがある人は、人間不信になったり人に心を開けなくなったりするものです。そういう過去の恋愛トラウマを抱えている心に、クンツァイトは雪解けを与えてくれます。

好きな人ができても、トラウマを抱えていると一歩前に踏み出せないもの。しかしクンツァイトは無理をしない程度に優しくあなたの背中を押してくれます。

人嫌いを克服する

人間嫌いで一人が好き…そういう人にもクンツァイトはおすすめです。固く閉ざされた心を優しく開放し、「もう一度誰かを信じてみたい」という前向きな気持ちをクンツァイトが作ってくれるのです。

またクンツァイトを身に着けていると、自然に良い人間関係に恵まれるようになるので人を信じやすくなるでしょう。

クンツァイトのお手入れ方法

クンツァイトは身に着けた後に、柔らかい布で優しく拭いてから保管してください。硬度はあるのですが、劈開という一定方向に割れやすい性質をもっているため、超音波洗浄には向いていません。

また紫外線や熱に弱く、長時間紫外線にあてていると変色してしまいせっかくのライラックカラーが失われてしまうため注意しましょう。

もしも日ごろからお手入れをしていても汚れが目立ってきた場合には、中性洗剤をとかしたぬるま湯で優しく洗ってください。ただし水分がついていると劣化の原因になるため、しっかりと水分を拭き取ってから保管するようにしましょう。

▼その他ジュエリーの情報はこちらをチェック▼

スピネルを徹底解説|エネルギーに溢れた宝石の魅力

ラピスラズリを徹底解説|深い群青色が美しい宝石の魅力

サードオニキス(メノウ・アゲート)を徹底解説|縞模様が特徴的な宝石の魅力

クンツァイトは愛の宝石

クンツァイトは「愛の宝石」と呼ばれます。ピンク系の宝石は恋愛に効果が高いものが多いのですが、クンツァイトはヒーリング効果が高く柔らかい愛であなたを包みます。そして人に対する寛容さが生まれるため、周りの人を受け入れることが容易くなるでしょう。

この優しいオーラは愛されるというよりも、人を愛するエネルギーを高めます。そして与える愛が大きくなることで、受け取る愛も比例して大きくなるのです。今パートナーがいる人は関係がより深く、今パートナーを探している人には真剣にお付き合いできる人が見つかるでしょう。

まとめ

優しいオーラであなたを包み込んでくれるクンツァイトには、不思議なエネルギーが秘められています。やや紫がかった柔らかいピンク色は、見ているだけで気持ちが安らぎます。

パワーストーンとしても人気がありますが、質の良いクンツァイトは宝石としても人気があるため、ぜひ一度手に取ってご覧になってみてください。

 
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930