婚約指輪と結婚指輪の重ね付け|ポイントや注意点を徹底解説

婚約指輪は結婚後付ける?

婚約指輪はダイヤモンドなど石がついているものがほとんどです。そのため日常的に使うには華やかすぎて、いつも身に着けている結婚指輪と違いやや出番が少ないようです。

しかし結婚した後に全く婚約指輪を着けなくなるのかというと、そうではありません。例えば結婚式に招待された場合や、記念日のディナーなど。少し特別な日には、婚約指輪を身に着ける人が多いようです。

結婚式などでは着用することも

結婚指輪と婚約指輪は重ねづけすることもできるので、結婚式に着用することもあります。たとえばグローブをする場合には、引っかかってしまうため婚約指輪ははめられません。しかしグローブをしない披露宴や、お色直しでは結婚指輪と重ね付けする人も多いようです。

また前撮りや後撮りでは、指輪をはめた手のアップ写真をよく撮ります。婚約指輪だけをはめた写真や、結婚指輪との重ねづけの写真は素敵な思い出の一枚になることでしょう。

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けするメリット

せっかくいただいた素敵な婚約指輪ですから、ずっとしまったままでは男性からしても少し寂しいものです。最近では結婚指輪と婚約指輪の重ねづけに、人気が高まっています。おしゃれに見えるだけではなく、重ねづけにはメリットもあるので見てみましょう。

思い出を身に着けていられる

まずプロポーズの時の思い出を身に着けていられる…という大きなメリットがあります。ほとんどの人は婚約指輪と結婚指輪に、それぞれ違う思い出を持っているはずです。

それはどちらも幸せで素敵な思い出。疲れた時や喧嘩したときに婚約指輪がはまった指を目にすると、一時的な怒りやストレスがおさまるという女性の声もよくききます。婚約したときの、キラキラした気持ちを思い出せるのですね。

婚約指輪が無駄にならない

せっかくいただいた婚約指輪ですから、引き出しの奥にしまわれているのはもったいないことです。またせっかく買ったのに身に着けてもらえないのでは、男性も寂しい気持ちになってしまいます。

たしかに婚約指輪は高価なものも多いので、普段使いが難しいタイプもあります。しかし重ねづけを前提にした婚約指輪は華やか過ぎずおしゃれなタイプが多いので、ちょっとしたお出かけでも不自然になりません。

割引で購入できることもある

婚約指輪は高価なイメージです。しかし結婚指輪とセットアップになっている婚約指輪は、セット価格でリーズナブルに購入できるケースもあります。

各ジュエリーショップでは、重ね付けのセットリングシリーズが増えているのでチェックしてみるとよいでしょう。

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする際のポイント

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けすると、指元が華やかになって可愛いのですがいくつか注意点があります。

デザイン選び

婚約指輪と結婚指輪の重ね付けで大きなポイントになるのが、デザインです。指輪のデザインにはアームの幅・アームの形・模様などによって印象がガラリと変わります。

婚約指輪と結婚指輪で全くデザインが違うと、チグハグな印象になります。そこでV字デザインで合わせたり、艶消し・鏡面仕上げなど見た目の質感を合わせたりするとよりおしゃれです。

素材

婚約指輪・結婚指輪で人気の素材はプラチナ・ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールドです。基本的にプラチナやホワイトゴールドはどのような素材にも合わせやすいのですが、黄色みの強いイエローゴールドだと浮いてしまうこともあります。

そのため婚約指輪と結婚指輪の素材は違ってもよいのですが、一緒にはめた時にしっくりくるような素材を選ぶことが大切です。

はめたときのフィット感

そして指輪をはめた時のフィット感も大切です。2つの指輪を重ねてしまうと、どうしても指輪の幅が太くなってしまいます。つまりリングが2つとも太いタイプでは、指が動かしづらくなるでしょう。

大切なポイントは2つのリングをはめたときに、指・手にしっくり来るかどうかです。常に身に着けていても、気にならないような自然なフィット感を考えましょう。

▼結婚指輪についてはこちらもチェック▼

【札幌】結婚指輪のサイズ直しの方法|自分のサイズに合わせて一生身に着けていたい

【札幌】結婚指輪の修理|大切なジュエリーをいつまでも綺麗な姿で

結婚指輪の手入れ方法|定期的なクリーニングケアが輝き続ける秘訣

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする際の注意点

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けしている人を見ると、おしゃれで素敵に見えるものです。しかし重ね付けにも気を付けたいポイントがあります。ずっと美しく身に着けていられるように、いくつかの注意点を紹介します。

重ね付けには順番が重要

婚約指輪と結婚指輪には着ける順番があります。婚約指輪を先にいただくので、婚約指輪の上に結婚指輪をつけるものだと勘違いしている人も見かけますが、婚約指輪は上です。

これは結婚指輪を婚約指輪で蓋をすることで、結婚を「ロックする」。つまり永遠の愛の証になる、という意味があるのです。婚約指輪をつけて挙式を行いたい人は、右手に婚約指輪をはめて左手で指輪の交換をすれば問題ありません。

傷が付きやすくなってしまう

重ね付けは素敵ですが、どうしても2つの指輪が重なることでお互いに傷がついてしまうことがあります。仕方のないことですが、指輪の素材によって傷がつきやすくなることもあります。

重ね付けをする前提なのであれば、傷がつきにくい素材を選ぶと良いでしょう。たとえばプラチナやチタン素材は、傷に強い素材です。一方ゴールドは軟らかいため、傷に弱い素材です。ゴールドの場合、合金を入れて強度を高めた指輪もあるのでチェックしてみてください。

別々で選んでしまうと合わないことも

指輪のデザインは重ね付けの大きなポイントです。しかしたとえ形や素材が同じスタイルの指輪であっても、別々に選んでしまうと合わないことがあります。

一番おすすめは婚約指輪と結婚指輪のセットリングです。重ね付けを前提にデザインされているため、一緒でも単体でも素敵に身に着けられます。

しかしサプライズで婚約指輪をプレゼントされることも多いですよね?その場合には、婚約指輪を身に着けて結婚指輪を見に行くのがおすすめです。

婚約指輪と結婚指輪の重ね付けにはオーダーメイドがおすすめ

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けするなら、セットリングも良いのですが一番のおすすめはオーダーメイドです。RITZ GLANDEではオーダーメイドでジュエリーを制作してもらえるため、細部までこだわった「世界でたった1つの」指輪を作れます。

オーダーメイドの流れ

まずは来店し、ジュエリーデザイナーとデザインのイメージや予算についての打ち合わせをします。その後デザイン画を作り、オプションなどを決めて見積りを作ります。見積りに問題がなければ指輪制作に取り掛かり、3~4週間後に完成という流れです。

オーダーメイドは出来上がりまで多少日数がかかるため、結婚式など必要な日から計算して余裕をもって注文してください。

まとめ

オーダーメイドリングは敷居が高いようなイメージがしますが、世界にたった一つのオリジナルリングは、制作中の思い出と共にずっと特別な存在であり続けるでしょう。

一生に一度の大切な記念にオーダーメイドを検討しみてはいかがでしょうか。

 

▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930