ジルコンを徹底解説|ダイヤに匹敵する美しい宝石の魅力

ジルコンの特徴

ジルコンは地球で最古の宝石とされています。オーストラリアで発掘されたジルコンは44億年前にできたもの。地球ができたのが46億年前なので、その歴史と同じくらいの古さがあるということがわかりますね。

ジルコンには様々なカラーのものがあります。無色のジルコンはダイヤモンドにも匹敵するほどの輝きで、ダイヤモンドの代替品としての利用もされて、無色のジルコンが採れる場所の近くにあるスリランカの町の名前にちなんで、マタラジルコンとも呼ばれます。

他のカラーバリエーションには、ブルーやイエロー、グリーン、レッド、ブラウンなど様々な色があり、特にブルージルコンは人気が高い宝石です。

ジルコンの最大の産地はオーストラリアで、他に主な産地としてスリランカ、ミャンマー、タイ、カンボジア、タンザニアが挙げられます。

ジルコンの特徴に、複屈折(二重屈折)があります。ダイヤモンドの代用にもされるジルコンですが、宝石の裏に一本の黒い糸を置いて二重に見えたらジルコン、という簡単な見分け方ができます。

ジルコンの歴史

ジルコンは44億年前から存在する宝石で、古い遺跡からも発掘されている歴史も深い石です。古代インドの物語にも記されており、葉にジルコンが散りばめられた木を神様に捧げていたようです。

ユダヤの伝説や聖書の中にもジルコンは登場し、ジルコンは使徒シモンに縁の深い石で、エルサレムの城壁土台にもジルコンが埋め込まれています。

16世紀にイタリアで装身具につけられるようになり、ジルコンの人気が急上昇しました。しかしその後、やや不遇な扱いを受けることになります。

名前が似ていることから、ジルコンはダイヤモンドの安価な代用品であるキュービックジルコニアと混同されがちです。ジルコン自体も輝き方がダイヤモンドに似ていることもあり、ジルコンは代用品的なポジションに。

三種ともに異なる宝石で、ジルコンには深い歴史もありジルコンそのもので価値がある宝石です。後の項目で述べますが、古くよりパワーストーンとしても愛用されています。

ジルコンの種類

ジルコンはカラーによっていくつかの種類があります。無色透明のジルコンはダイヤモンドにも匹敵するくらいの美しさ。一方でカラーのついたジルコンも人気が高く、流通されるジルコンの約8割がブルージルコンだと言われています。

他のカラーのジルコンもそれぞれ特徴があり、様々なジュエリーの形で楽しまれています。

ブルージルコン

ジルコンの中では一番人気のブルージルコン。ブルートパーズやアクアマリンにも似た青色の深みのある輝きが特徴的です。エナメルブルーと呼ばれる、緑色がかった青色のブルージルコンは特に人気や価値が高い宝石です。

褐色のジルコンを加熱して加工することで鮮やかな青色に発色し、ブルージルコンになります。

イエロージルコン

蜂蜜を固めたような照りと、ゴールドに近い深みのある黄色が特徴的なイエロージルコン。小さな宝石でも存在感は抜群で、人気も高めです。出産のお守りや、金運のパワーストーンとしても知られます。

ブラウンジルコン

ジルコン独特の屈折と照りが、ブラウンになると特徴的な深みを醸し出します。和の装いにも似合いそうな渋めの宝石に。大人の落ち着いたコーディネートにも、若い人のシックな装いにも重宝します。

ジルコンの効果

ジルコンの石言葉には「安らぎ」「生命力」「成功」「無限」「行動力」などがあります。古くからパワーストーンとしても愛用されてきました。

別名「平和の石」とも呼ばれるジルコンは、心を癒す効果があるといわれています。傷ついた心を癒したり、肉体的・精神的苦痛を和らげたりできる宝石です。

ネガティブなパワーから持ち主を守る働きもあり、病気の苦痛を和らげたり、出産時の痛みを減らしたりする効果があるとも考えられてきました。出産のお守り、旅のお守りとしてジルコンを身に着ける人もいるようです。

ジルコンは何か頑張りたい目標がある人にとって、サポートしてくれる石でもあります。澄んだジルコンの輝きのように頭脳が明晰になり、勉強や仕事の能力アップ、コミュニケーション能力のアップにも力を発揮します。目標へ向けた覚悟のシンボル的存在にもなりますね。

自分にいまいち自信を持てないという方にもジルコンはおすすめで、内面の美しさや豊かさにもフォーカスを当てて持ち主に気づかせ、隠れた力をも発揮できるはずです。

ジルコンのお手入れ方法

ジルコンはモース硬度6~7.5で、十分な硬さがあります。ダイヤモンドやルビー、サファイアなどと比べると硬さで劣りますが、様々なアクセサリーとして身に着けるのには問題のない丈夫さがあります。硬いものをぶつける、強くこするなどしないように気をつけましょう。

汚れが気になる際はぬるま湯で石鹸水を作り、その中でやわらかい歯ブラシや布でこすって落としてください。石鹸を十分にすすいだら水分が残らないよう乾拭きして完成です。

劣化の恐れがあるため、ジルコンのクリーニングに超音波洗浄器やスチームクリーナーは使用しないでください。

ジルコンは日光に当たっても特に変化しない性質ですが、熱で加工したジルコンは光で退色する可能性があります。

パワーストーンとして浄化する場合は、水晶クラスタや月光浴、煙を使った浄化方法がおすすめです。

▼ジュエリーのお手入れ方法はこちらもチェック▼

ダイヤモンドの手入れ方法|曇りやくすみを取り除いてエクセレントな輝きを!

翡翠(ヒスイ)の手入れ方法|宝石の魅力を失わない意外な方法

ガーネットの手入れ方法|宝石の魅力を失わない秘訣とは!

ジルコンは最古のパワーストーン

44億年もの歴史をもつジルコンは最古のパワーストーンといえます。知名度としては数々の代表的な宝石に劣りますが、カラーバリエーションも豊富なことから根強いファンもいる宝石です。

心身を癒したり、持ち主の能力を引き出して目標に向けて奮起させたり。ヒーリングから夢の実現まで、ジルコンは持ち主に寄り添いながらそのパワーを発揮します。

ダイヤモンドの代用にもされていて、陰の存在にも思われがちなジルコンですが、ジルコンそのものにも大きな魅力と個性があります。自分用やプレゼント用に、好きな色と輝きを持ったジルコンを選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

ダイヤモンドにも似た輝きをもつジルコンは、最古のパワーストーンでもあります。色とりどりのカラーがあり、硬度も十分にあるため様々なジュエリーとして親しまれている宝石です。

アクセサリーとしてもパワーストーンとしても、単なるダイヤモンドの代用品では終わらない魅力がある宝石。これはと思うジルコンのジュエリーを見つけてぜひ愛用してください。

 

▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930