ダイヤモンドってどんな宝石?種類・特徴・効果まで大解剖!

ダイヤモンドの特徴

まずは、ダイヤモンドの特徴から知っていきましょう。ダイヤモンドが炭素でできた鉱物だということについては有名ですよね。

同じ炭素からできている炭や鉛筆の芯とは異なり、規則正しく、美しい炭素原子の配列によって、透明度が高く、硬いダイヤモンドが出来上がります。

ダイヤモンドは非常に歴史の古い宝石で、実は紀元前4世紀にはインドで見つかっていた、という記録もあるほどです。

そのダイヤモンドの最大の特徴は、透き通るような無色透明で輝かしい姿。そして、地球上の物質の中でもっとも硬いとも言われている硬度の高さも挙げられます。

その硬度の高さから、スピリチュアル的な効果も高く、古来より王族や貴族に愛されてきました。

日本でも「金剛石」という和名が付くほど、古くから珍重されてきた宝石であることがわかります。

硬い、という特徴から研磨機をはじめ、何か別の物質を削るための工具や機械の材料としても広く使われるようになりました。

合成ダイヤモンドとは

ところで、近年よく「合成ダイヤモンド」という言葉を耳にしませんか?

合成ダイヤモンドと言うと、一気にその美しさや価値が半減するように感じられますが、実は物質的には天然物のダイヤモンドとほとんど変わりません。

なぜなら合成ダイヤモンドは、人工的に炭素原子を合成して生成しているからです。

初めは当然輝きなどで天然物と違いがありましたが、その生成技術は高くなっており、現在ではプロの鑑定士でも天然と人工の区別を付けるのが難しいほどだそうです。

さらに、合成ダイヤモンドは天然物よりも硬さ、熱・電気伝導性で優れており、加工にも耐えうる素材としても重宝されています。

これら合成ダイヤモンドは、現在リーズナブルに購入できるダイヤモンドのジュエリーにはもちろん、工業製品の素材としても使われています。

▼ダイヤモンドについてはこちらもチェック▼

ダイヤモンドの手入れ方法|曇りやくすみを取り除いてエクセレントな輝きを!

ダイヤモンドの基礎知識 ラウンドブリリアントカット/4C

4月生まれの誕生石を紹介|ジュエリーとして身に着けて永遠の絆を

ダイヤモンドの種類

以上のように、近年ではかなり手に入れやすくなったダイヤモンドですが、実はダイヤモンドは無色透明だけではありません。

他にも有色のダイヤが存在し、それらも多くの方に愛されています。ダイヤモンドの種類について、特に有名なものを2つご紹介していきます。

ブラックダイヤ

ブラックダイヤは、その名前の通り黒みがかった重厚感のある質感のダイヤモンドです。

暗い色味は非常にかっこいい雰囲気があり、男性・女性ともに身に付けやすい雰囲気があることからペアアクセサリーの素材としても人気が出てきています。

見た目が非常におしゃれなので、ファッションとしてブラックダイヤのジュエリーを身に付る方も多いようです。

そんなブラックダイヤの石言葉は「成功」「不屈」といった格を上げるような意味合いで、仕事運を上げたい、人としての魅力をさらに引き出したいと思っている方にはまさにぴったりな石ですね。

デザイン性だけではなく、スピリチュアル的な意味合いでも多くの方に支持されている宝石です。

ピンクダイヤ

特に女性に人気が高いのがピンクダイヤです。ピンクダイヤは透明度の高いダイヤモンドとしての輝きはそのまま、うっすらと全体的にピンク色掛かった見た目を持つダイヤモンドです。

ピンクはまさに女性の支持率が高いカラーで、花やハート形をはじめとした可愛らしいモチーフとの親和性も抜群で、ピンクゴールドやプラチナなどの貴金属との色味の相性も非常に良いことで知られています。

ピンクダイヤは、ピンクの色が濃いほど希少価値が高く、ダイヤの中でも希少価値の高いダイヤです。

気軽に身に着けられるファッションジュエリーとしても、ピンクダイヤは選びやすい素材です。

ダイヤモンドの効果

ダイヤモンドをはじめとした天然石は、それを身に着けることによって様々な効果を得ることができます。

では、ダイヤモンドの場合はどんな効果があるのでしょうか?ダイヤモンドには「純真無垢」という意味が込められています。まさに無色透明で美しい姿のダイヤモンドにぴったりな言葉ですね。

純粋でポジティブなパワーを身に着けることで授かり、ストレスや負の感情を浄化することで、運気を下げてしまう負のエネルギーから自分自身を守るためのお守りとしての効果があるとされています。

さらに、お守りとしてだけでなく、この浄化のパワーによって秘められた自分の才能やエネルギーを開花させ、より優れた魅力の持ち主へと導きます。

ダイヤモンドの4Cとは?

実際にダイヤモンドのジュエリーの購入したり、検討したことがある方は「4C」などの数字、アルファベットを目にしたことがあることでしょう。

この「4C(よん シー)」は、ダイヤモンドの品質を決定づける4つの要素の総称です。
まずは、この4つの要素と意味をご覧ください。

・カラット:ダイヤモンドの重さ。数字が大きいほど価値は高い。
・カラー:ダイヤモンドの色。透明度の高いものほど価値は高い。
・カット:ダイヤモンドのカットの美しさ。
・クラリティ:ダイヤモンドの透明度。不純物が少ないものほど価値は高い。

以上のように4つの要素があり、その4つどれもが優れているものがより高品質なダイヤモンド、ということになります。

石そのものの品質によって左右されるものが、カラー/クラリティ/カラットですが、カットについては人の手によって加えられる要素です。

カラー/クラリティ/カラットで劣る石があったとしても、優れた職人がカットに携わることでその価値が一気に跳ね上がる場合もあります。

婚約指輪にダイヤモンドが選ばれる理由

ダイヤモンドと言えば婚約指輪や結婚指輪に使われる素材の定番にもなっています。それは、硬いダイヤモンドが「永遠の絆」をイメージさせることに繋がっているからです。

ダイヤモンドはその美しい輝きだけでなく、硬く壊れない永遠の絆を守り続けるものとして、ペアリングにぴったりです。

また、ダイヤモンドは他の宝石と比べても比較的手入れが簡単で劣化もしにくい石ですので、特別な手入れやメンテナンスをしなくても綺麗なまま長く身に着けることが出来ます。

また、婚約指輪以外にも、夫婦間のダイヤモンドを贈る風習は存在します。例えば、結婚10周年の錫婚式や結婚60年目のダイヤモンド婚式などの文化がありますね。

夫婦として長年添い遂げてきた記念すべき日だからこそ、特別なジュエリーを贈るのもとても素敵ですね。

まとめ

ダイヤモンドの特徴や効果について知っていただけたでしょうか?ダイヤモンドは他の宝石と比べても日本人に馴染み深く、多くの方に愛されています。

日常遣いのジュエリーとしてはもちろん、記念日の贈り物としても、ぜひダイヤモンドのジュエリーを選んでみてください。

 
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)
2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930