ルビーの効果や意味・種類を徹底解説!結婚40周年のルビー婚式とは?

ルビーの特徴・意味

ルビーは四大宝石の1つであり、宝石界の「女王」とも呼ばれています。ルビーの意味は「赤い色の石」ラテン語の「ruber」が由来です。

ルビーの特徴は、コランダムという鉱物の中で赤色に発色しているということです。透明から不透明なものまで存在していますが、透明度が高いほうが価値が高いルビーになります。

ルビーにはクロムが含まれていますが、クロムが増えると赤色が濃くなり、黒っぽく見えることもあります。クロムが1%以内しか入っていない天然ルビーは希少価値があると言われています。

また、ルビーは非常に硬度が高い石であり、ダイヤモンドに次ぐ硬度です。取り扱いが比較的しやすい宝石と言われていますよ。

ルビーと同じコランダムでも鉄やチタンが含まれており、青色に発色するものはサファイアです。ルビーとは色が違うので見た目で間違えることはありませんが、ルビーと似た宝石という意味で覚えておきましょう。

※モース硬度とは「引っ掻いた時のキズの付きやすさ」であり「割れやすい、叩いて壊れやすい」という基準ではありません。

ルビーの種類

宝石店やパワーストーンが売っているお店で「ルビー」という表記を見ると、全て同じルビーのように感じませんか?

ルビーが採取できる産地が色々とあるため、ルビーにもいくつかの種類が存在しています。その種類によっては、希少価値があり大変珍しいものもあります。

ルビーの購入を考えている人は、是非ルビーの種類にも注目してみてください。どんな種類があるのかについて紹介します。

ミャンマー産

ルビーの産地の中でも、高値が付けられるのがミャンマー産の「ピジョンブラッド」です。クロムが1%程度しか入っていなく、透明感がありルビーの最高峰とも言われています。

ミャンマー以外にもベトナムやスリランカがルビーの産地と言われていますが、ミャンマーではアジアの他の国で採取できるルビーの1/10程度しか採ることができません。

特にミャンマーのモゴック鉱山で発見されたルビーには、非常に高い値がつけられることで知られています。

タイ産

タイでもルビーが採取されますが、タイのルビーは「ビーフブラッド」と呼ばれるものがほとんどです。鉄分が含まれているため、透明度が高いというよりは黒みがかって見えるルビーです。

希少価値が高いルビーとして知られています。

スリランカ産・ベトナム産

スリランカやベトナムが産地となるルビーは、「チェリーピンク」です。よく知られているルビーのような真っ赤なものではなく、ピンクがかった赤色をしているのが特徴です。

ピジョンブラッドやビーフブラッドと比べると、そこまで希少価値は高くないですが見た目はとても可愛いですよ。

インド産

インド産のルビーは、透明感がありません。色は小豆色でスター効果が現れることがあるため、「インドスタールビー」と呼ばれます。透明感があまりないため、価値は低いと言われています。

お土産としてパワーストーンの意味で購入する人が多いルビーです。

▼ルビーについてはこちらもチェック▼

ルビーの手入れ方法|華やかで情熱的な真紅な赤色を取り戻す!

ルビーのリフォーム|指輪やネックレスにして情熱的な輝きを!

7月生まれの誕生石を紹介|ジュエリーとして身に着けて情熱的なエネルギーを

ルビーの効果

ルビーには、「情熱の象徴」という石言葉があります。そのため、情熱的な気持ちを掻き立てたいときや、情熱を持って何かに打ち込みたいときにルビーを持っていると効果を発揮することができるでしょう。

恋愛面においては、自分の魅力を高める効果、相手の心に火をつける効果、刺激的な恋愛ができるなどの効果があります。

仕事面や生活面では、自信を持つ、勝者になる、人望が集まる、正義感が持てる、正直に生きるなどの効果を期待することができますよ。

ルビーは「勝利の石」とも言われているので、受験勉強をしている人や就職活動、大きなプロジェクトを抱えている人などが持つと良い効果を感じる可能性もあるでしょう。

恋愛でライバルがいるという人もルビーを持つことで、魅力が高まりライバルから頭一つ抜けることができるかもしれないですね!

結婚40周年のルビー婚とは

結婚1周年の紙婚式から始まり、日本では25周年の銀婚式、50周年の金婚式はよく知られています。実はルビーも関わっていて、結婚40周年がルビー婚式になります。

結婚40周年のルビー婚式の意味には、「絆が固い愛情深い夫婦」というものがあります。ルビーはダイヤモンドの次に硬い石なので、石の硬さと絆の固さをかけているように見えますね。

ルビー婚式を迎えた夫婦は、夫から妻にルビーの宝石をプレゼントするといいでしょう。そういうお洒落な夫婦は増えているみたいですよ!

ちなみに、ルビーよりも硬い石であるダイヤモンドは結婚60周年のダイヤモンド婚式というところで登場します。ルビーと同じコランダムであるサファイアは結婚45周年で登場しますよ。

ルビーが女性からの支持が高い理由

ルビーが女性から支持される理由、一つは色ではないでしょうか。綺麗な赤色は女性的な雰囲気を醸し出し、女性が見ていてもうっとりするものがあります。

また、宝石の女王と呼ばれるだけあってルビーには独特の華やかさもありますよね。そこも女性の心が惹かれる要因の一つになっています。ルビーを持っていると、まるで自分が華やかになったかのような気持ちになりませんか?

女性にとって華やかさを身にまとうということは、女性としての自信がつくことにもなります。恋愛をしている女性や、日頃から高みを目指している女性からルビーはとても人気がありますね。

今時の女性は、社会進出をする人が多く、会社の中でも大事な立ち位置を任せられることもあるでしょう。そんなときにもルビーを持っていたら勇気と自信が湧いてきます。

女性にとって、ルビーはお守りの役割までしてくれるのです。女性の心の拠り所にもなってくれるルビーは、圧倒的人気を誇っています。

過去には、ルビーは王族や貴族しかつけられない宝石とも言われていました。その高貴さが女性の心を震わせる面もルビーが人気になっている理由ですね!

まとめ

最近は宝石を選ぶときに、色が好きだから「ルビーにしよう!」と決める人も多くいます。ルビーの価値について、あまり知られていないことも多いでしょう。

そのため、ルビーが宝石の女王とか、昔は王族や貴族しか使用できなかったと聞くと「そんなに高価な石だったの?」と驚かれた方もいると思います。

今後、ルビーを購入するときはその価値の高さを存分に感じたいですね。また、ルビーにはとても良い効果がたくさんあります。ルビーから自信や魅力、勇気をもらって一段と輝く人になってくださいね。

 
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)
2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031