オパールの特徴や種類を徹底解剖!特徴、種類、お手入れ方法も

オパールの特徴

 

オパールは酸化鉱物の一種で、和名は蛋白石。宝石の中では唯一水分を含む鉱物です。10月の誕生石としても有名で、宝石言葉には「幸運」「忍耐」「希望」「純真無垢」などがあります。

オパールといっても様々な種類があり、よく知られているものは遊色効果があるもの。遊色効果とは、見る角度を変えると虹色の色彩が変化する光学効果です。その神秘的な輝きから、特別な力をもつパワーストーンとしても愛用されています。

遊色効果をもたない種類のオパールもあり、同じオパールといっても色も様々で、種類によって希少性は異なりますが、宝石としてどれも愛されています。

遊色効果をもつオパールは、それ一つであらゆる宝石の輝きを見せるため、全ての美徳を兼ね備えた石、幸運をもたらす石としてお守りや魔除けとしても利用されてきました。

オパールの種類

オパールには様々な種類があり、同じオパールでも輝き方が違います。それもまたオパールという宝石の魅力で、好みや希少価値からオパールのジュエリーを選ぶのも楽しみの一つです。

オパールには大きく分けて2つの種類があり、遊色効果があって虹色に輝くプレシャスオパールと、遊色効果を持たず不透明なコモンオパールに分けられます。以下では代表的なオパールの種類とその特徴を紹介します。

ブラックオパール

ブラックオパールはプレシャスオパールの代表的な一種で、最も価値が高いとされているオパールです。ダークな色の中で虹色の輝きが美しく引き立てられています。

ブラックオパールと似た種類にボルダーオパールがあり、オーストラリアのクイーンズランド州で採掘されます。ブラックオパールとほぼ似た色合いや輝きをもちますが、母岩によって区別されます。

ホワイトオパール

ホワイトオパールは地の色が白のオパール。虹色の輝きが柔らかく、オパールの中でも人気が高い種類の一つです。主な原産地はオーストラリアで希少性は低く、手に入れやすいオパールでもあります。

赤色が多く入っていて白地が澄んでいるものや、透明度が高いクリスタルオパールと呼ばれているものは希少性が高く、価値が上がります。

ウォーターオパール

地の色が無色透明かそれに近い青色をした、プレシャスオパールの一種。主な原産地はメキシコです。透明感のあるみずみずしい輝きが特徴的で、遊色効果の出方によってはブラックオパールの価値を上回るものもあります。

ファイヤーオパール

ファイヤーオパールも主にメキシコで採掘されるオパールの一種。地の色がオレンジのプレシャスオパールで、遊色効果により炎から虹色が出ているように見えることから、ファイヤーオパールの名がついています。

カンテラ・オパール(メキシカンオパール)

カンテラ・オパールはコモンオパールの一種です。母岩の流紋岩をわざと残していて、そこからオパールの遊色を見せることで輝きを引き立てています。流紋岩をメキシコではカンテラと呼ぶため、この名がついています。

その他のオパール

その他にもオパールにはさまざまな種類があります。白色がかった深いグリーンが特徴的なグリーンオパールは、別名「ドラゴン・アイ」とも呼ばれています。

ウォーターオパールのように透明で、遊色効果のないコモンオパールはジェリー・オパールと呼ばれ、こちらも希少性が高いです。

主にペルーで採れるコモンオパールに、いちごミルクのような色合いのピンクオパールや、透明感のある水色のブルーオパールもあります。

▼オパールについてはこちらもチェック▼

オパールの手入れ方法|幸せを招く石を綺麗に保つために

オパールのリフォーム|指輪やネックレスから様々なアイテムに変身!

10月生まれの誕生石を紹介|多彩な色を持つ2種類の宝石を徹底解説

オパールの効果

オパールはその神秘的な輝きから、古来より不思議な力があると信じられてきました。種類もさまざまあり、輝き方がその石ひとつひとつが違うこともまたオパールの魅力です。希少性が高い石を重宝する人もいれば、好みの色で選んで身に着ける人もいます。

見る向きによって色を変えるその美しさから、オパールには持ち主の能力を高める石とされており、独創性を得られる効果があると考えられてきました。芸術活動やビジネスで力を発揮したいという方にもおすすめできるパワーストーンです。

魔除けのお守りにも

古来から魔除けのお守りとしても利用されていたオパールは、第六感の働きが強まるため、危険を察知して避けることができると考えられています。人の善意や敵意を見分ける力ももたらします。

良縁か悪縁かを見分ける力も授けられるといわれており、幸せを引き寄せてくれる石ともされています。

癒し効果や瞑想用にも

オパールの神秘的な輝きには、見る人の心を前向きにする効果があるとされています。これが癒し効果にも繋がります。ネガティブな感情を切り替えて、その人の内にあるポジティブなエネルギーを引き出してくれます。

オパールには微量ですが水分が含まれており、これが人の心を潤すとも考えられています。愛のパワーがある石が、乾いた心や傷ついた心も癒してくれるでしょう。

瞑想の際にオパールを用いるのも効果的で、人の心をトラウマから遠ざけたり、問題解決のヒントを与えてくれたりといった効果が期待できます。

オパールは「不幸の石」といわれていた?

一方で、オパールが不幸をもたらす石だといわれていた時代もあります。色とりどりのきらめきで人の心を惑わす力がある、情緒不安定な人が持つと心をかき乱される、とも言われています。

1829年にイギリスで発表された小説「Anne of Geierstein」では主人公が身に着けていたオパールがその死をもたらしたと考えられ、オパールが不幸の石として恐れられる時期がありました。

ですが、これらは過去のことで、現在では持ち主に良いことをもたらすパワーストーンとする考え方が多くなっています。

 

まとめ

オパールにはさまざまな種類があり、彩り豊かで一度見たら忘れられない輝きが非常に特徴的です。強力な魔除けの石としても知られていますし、仕事や芸術活動を成功に導くパワーストーンとしても支持が高いです。

不幸の石と呼ばれていた時期や、現在でも未婚女性には要注意の石とされていたりしますが、これもまたオパールのパワーの強さや魅力を物語る一面といえるでしょう。

  
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)
2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031