婚約指輪を売りたい理由は?|お店選びやリフォームの提案

婚約指輪を売る理由は?

婚約当初はもらって嬉しかった婚約指輪も、さまざまな理由から「売りたい」と思い、実際に売る方も多いです。

中には離婚などで見るのも嫌になり捨ててしまう人もいるようですが、高価な貴金属や宝石を捨てるのはもったいないこと。金属も宝石も、業者やタイミングを選べば高く売れることがあるので、捨てるよりは売るほうがお得です。

婚約指輪を売りたい理由にはどのようなものがあるのでしょうか。売るお店選びや、売らずにリフォームして再利用する方法を見ていきましょう。

離婚

婚約指輪を売る理由として多いのが離婚。結婚へ向けての熱い気持ちがこもった婚約指輪は、離婚が決まると目にするのも気まずいアイテムになってしまいます。身に着けるのも考えられないことでしょう。

捨てるのももったいないということで、離婚予定の方や離婚した方が婚約指輪を売って手放すケースは多いです。

また、婚約指輪を売って得たお金を離婚後の生活費や子供の養育費に充てたいなど、切実な経済的理由から売る人もいます。

生活費の困窮

勤め先が倒産したり、本人やパートナーが病気になったり。結婚生活の上で生活が困窮し、生活費を捻出するために婚約指輪を売るケースもあります。

婚約指輪はダイヤモンドの指輪が定番ですが、ダイヤモンドと指輪の金属部分ともに高値で売れる可能性があります。ある程度まとまった金額を手にしたいときに、婚約指輪を売る人もいます。

使わなくなった

結婚して年月が経つと婚約指輪のサイズが合わなくなったり、デザインが古くなったりして、使わなくなることも多いです。箪笥の肥やしになるならお金になったほうがいい、と婚約指輪を売る人も。

サイズ直しをしたり、デザインをリフォームしたりして身に着け続ける選択肢もあります。しかしライフスタイルの変化で指輪やアクセサリーを身に着けなくなった方は、売るのが現実的な選択肢となります。

買い替える

銀婚式や金婚式、「結婚○周年」のタイミングで指輪を買い替えるために、婚約指輪を売るご夫婦もいます。そもそも普段身に着けていない婚約指輪を売って、そのお金を新しい指輪の購入費に充てるという考え方です。

婚約指輪を売ったお金がまとまった額になれば、その分新しい指輪に費用を充てることができて、よりメモリアルな指輪になりそうですね。

婚約指輪はどこで売る?お店選びが重要

婚約指輪を売ることができるお店には、いくつか種類があります。人生において決して安くはなかった買い物である婚約指輪、せっかく売るなら高い値段をつけてもらえるところで売りたいですね。婚約指輪を買い取ってもらえるお店の種類とその特徴を紹介します。

質屋

質屋は元々、お金を融資するかわりに担保として価値の高いものを預かるシステムのお店です。お金が返ってこなければ、預かった品物は商品として流れます。

婚約指輪を質屋に預けてお金を受け取ることも可能ですし、一時的に必要なお金だったならお金を返して婚約指輪を返してもらうことも可能です。しかし宝石専門の業者ではないため、高値がつくのは期待度低めです。

リサイクルショップ

リサイクルショップで婚約指輪を売ることも可能です。引っ越しなどで不要品がたくさん出てまとめて引き取ってもらいたいときには便利でしょう。しかし扱う商品が多岐に渡るため、婚約指輪の価値がそれほど高く扱われない場合もあります。

ジュエリー専門買取店

婚約指輪を売るなら、ジュエリー専門買取店がおすすめです。プロの鑑定士がその婚約指輪の価値を見極めて、本当に価値の高いものなら高値での買取が期待できます。

宅配買取の業者もあり、遠方の店舗に行くのが困難な方や、売るところを誰かに見られたくない方にも便利です。ジュエリー専門買取店にもさまざまな会社やサービスがあるので、利用者の口コミなども調べながら比較して選びましょう。

婚約指輪の買取相場は?

思い出深い婚約指輪も、安く買い叩かれてしまっては嫌な思い出になりますね。

婚約指輪を売る際は、1つの店舗の査定のみで判断せず、複数の店舗を回って買取金額の高い店舗で買い取ってもらうのが良いでしょう。また、インターネットでも買取金額の比較などが出来ますので、下調べをしてみるのもおすすめです。

カルティエやティファニーといった人気ブランドの指輪はそのまま再販可能のものなら高値での買取が期待できますが、刻印の状態によっては値が下がるものや買取不可になるものもあります。

箪笥の肥やしになってしまっているならぜひリフォームを

婚約指輪が箪笥の肥やしになっているなら、リフォームするのもおすすめの方法です。婚約指輪を売って新しい指輪やアクセサリーを買うのも一つの方法ですが、やはり思い出深い婚約指輪を手放すのは寂しいものですよね。
リフォームなら、婚約指輪に使われているダイヤモンドなどの宝石を使用して、違うデザインの指輪にすることができます。

また、指輪から指輪へのリフォームだけでなく、ピアスやペンダント、ブローチなど他の形のジュエリーにすることも可能です。
RITZ GLANDEでは立て爪の婚約指輪などを普段使いしやすい指輪に作りかえるリフォームなどを承っております。デザインはデザイナーが用意したカタログから選ぶこともできますし、お客様のお好きなデザインにリフォームすることも可能です。
また、充実したアフターサービスをご用意しております。ご相談・お見積、デザイン画の作成は何度でも無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

他のアクセサリーにリフォーム

婚約指輪のダイヤモンドを転用して、指輪ではない他のアクセサリーにリフォーム。指輪を普段使わないという方は、身に着けやすい形のジュエリーにリフォームすることで、ご夫婦の絆の象徴をいつでも持ち歩けるようになります。

存在感のある一粒ダイヤをネックレスやペンダントに。落ち着いた印象ながら華やかさを出せて、年齢を重ねても愛用し続けられる一品になるでしょう。

複数の小さなダイヤモンドをあしらったタイプの婚約指輪なら、そのダイヤ一つ一つを活かしてピアスやイヤリング、ブローチにもおすすめです。もちろんネックレスやペンダントとしてやや複雑なデザインのものにすることも可能で、華やかな一品になること間違いありません。

普段使いできるデザインに

婚約指輪として定番の形の、一粒石のダイヤモンドを立て爪で固定したリング。ダイヤモンドの輝きをより美しく見せるための技法が施されています。

しかし、贈られたときは嬉しかった指輪も、立て爪が引っかかる点が玉に瑕で普段使いには向かないのがデメリットです。宝石が目立って、一昔前のデザインに見えてしまうのも普段使いできない要因として挙げられるでしょう。

婚約指輪のリフォームで、ダイヤモンドの輝きをそのままにモダンなデザインに変えることができます。おしゃれに見えるだけでなく、ダイヤモンドや金属が引っかかりにくい、実用性も兼ねたアイテムにすることが可能です。

専門のデザイナーが石の個性を活かして一からデザインし、世界に一つしかない指輪にすることもできますよ。フルオーダーメイドでご自身やご夫婦のこだわりも盛り込み、再び思い入れの深い指輪に作り直すのもおすすめです。

▼リフォームについてはこちらもチェック▼

婚約指輪が気に入らない|思い切ってリフォームがおすすめ

エメラルドのリフォーム|指輪やネックレスにして新たな始まりを刻もう!

真珠(パール)のリフォーム|ロマンチックな美しい輝きを再び!

まとめ

贈られて嬉しかった婚約指輪も、さまざまな事情で売ることになるケースがあるでしょう。相場や業者選びのポイントを押さえれば、高値での買取も十分に可能です。

箪笥の肥やしになっている婚約指輪を、普段使いできるメモリアルな指輪にリフォームするのもおすすめです。ご夫婦の記念日の贈り物に、リフォームも検討してみてください。

 
 
▲お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
RITZ GLANDE 公式LINEはこちらからどうぞ
 
▲修理品の写真や作業風景を随時投稿しております
 
北海道札幌市中央区南2条西10-1 オエノン北海道BLD.1F
🈺10:30~19:00
🆓0800-800-0740(📱からも🆓)
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031